自然エネルギー財団、電力調達ガイドブック2023年版を発行

1月30日、公益財団法人 自然エネルギー財団は、電力のユーザーである企業や自治体を対象に、自然エネルギーの電力を効率的に調達して利用するための最新情報を網羅した「電力調達ガイドブック 第6版(2023年版)」を発行した。

本ガイドブックは、自然エネルギーの電力を調達する4種類の方法(自家発電、コーポレートPPA、小売メニュー、証書)について、具体的な事例を交えて解説している。特にコーポレートPPAに関しては3種類の契約方法(オンサイト、フィジカル、バーチャル)の特徴をまとめている。

また、小売メニューや証書の最新動向、さらに企業の気候変動に対する取り組みを評価するCDPや自然エネルギーの電力100%を推進するRE100についても新しい情報を加えた。

自然エネルギーの電力を調達する際には、環境負荷などを考慮して選択することが重要である。本ガイドブックでは、環境負荷、持続性、追加性、地域貢献の4つの選択基準をもとに、エネルギー源の種別、発電設備の運転開始日、地域に対する貢献内容、といった項目で電力を評価する方法を提案した。

【参照ページ】
(原文)電力調達ガイドブック 第6版(2023年版

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る