ICVCM、第3四半期に炭素市場へ高信頼性ラベルを導入する計画を発表

 

1月19日、Integrity Council for the Voluntary Carbon Market(ボランタリーカーボン市場のための信頼性評議会)は、2023年第3四半期に買い手が高信頼性カーボンクレジットを特定できるラベルを導入するためのタイムテーブルを発表した。

公開のパブリックコメント期間と、ボランタリーカーボン市場のステークホルダーとの幅広い協議を経て、Integrity Councilは3月に最終的な「コアカーボン原則(CCP)」を発表し、確かな科学と明確で測定・検証可能なデータに基づき、高信頼性のカーボンクレジットの世界基準を設定する。

炭素クレジットの発行元となる炭素認証プログラムとクレジットの種類(例えば調理器具や森林再生プロジェクトなど)の両方が、CCPで定められた気候、環境、社会的な健全性の基準を満たすと評価された場合、その炭素クレジットにはCCPラベルが付けられ、高品質であることが示される。

Integrity Councilは3月に、評価手順、炭素クレジット・プログラムの評価フレームワーク、および属性(市場がクレジットを分類し、買い手が自分の好みに合ったものをより容易に特定できるようにするためのもの)も公表する。クレジットの種類に関する評価フレームワークは、春に続く予定である。

第3四半期には、CCPが承認したプログラムとクレジットタイプの発表を開始し、その後すぐに最初のCCPラベル付き炭素クレジットを発行する。その後、追加のプログラムとクレジットタイプが順次発表される予定である。

また、5月に炭素クレジットプログラムの正式な評価を開始し、3月に最終文書を発表する際に評価プロセスに関するさらなる情報を提供する。

今後、Integrity Councilは、自主的な炭素市場においてより大きな野心を推進するために、時間をかけてCCPを継続的に改善するプロセスを想定している。2026年の実施に向けて、2025年に最初の改定プロセスが開始される。

【参照ページ】
(原文)Integrity Council unveils timetable to introduce high-integrity label to voluntary carbon market in Q3
(日本語参考訳)ICVCM、第3四半期に炭素市場へ高信頼性ラベルを導入する計画を発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る