カナダ事業開発銀行、ベンチャー投資家向けESGレポートツールを提供開始

カナダのBDCがベンチャー投資家向けESGレポートツールを提供開始

1月26日、カナダ事業開発銀行(BDC)は、カナダのVCおよび中堅プライベート・エクイティ・ファンドが、自社およびポートフォリオ全体の主要なESG指標を追跡・報告できるよう、新しいESG報告テンプレートを開始することを発表した。

BDCは、カナダの中小企業に対して融資、アドバイザリーサービス、資本を提供している。同社は、カナダのベンチャーキャピタル分野において、より透明性を高め、ESGの開示・報告基準を定着させる必要性について、業界のパートナーや関係者と協議した結果、このフレームワークを開発したと述べている。

BDCは、カナダで投資されている資本の62%を占める独立系VCファンドのリミテッドパートナーであり、カナダのVC市場におけるBDCの幅広い存在感を考えると、この取り組みは市場の大部分をカバーすることになる。

新しいテンプレートは、ベンチャー投資家が、サプライチェーン、データプライバシー、環境問題など、投資ポートフォリオにおける非財務リスクをよりよく理解し、セクターにとらわれないESG指標の基準値について報告し、ポートフォリオ企業の排出量、エネルギー消費、気候政策を記録し、ESG政策と実践について時系列で進捗を確認できることを目的としている。

この新しいテンプレートの導入は、BDCが昨年発表した多様性、公平性、包括性(DEI)をテーマにした報告テンプレートに続くもので、GPが性別、人種、民族、識別に関する多様性と包括性の基準を追跡、報告できるようにすることを目的としている。BDCは、この2つのテンプレートを2024年に統合すると発表している。

【参照ページ】
(原文)BDC Unveils ESG Reporting Tool for Canadian General Partners and their Portfolio
(日本語参考訳)BDC、カナダのジェネラル・パートナーとそのポートフォリオのためのESGレポート・ツールを公開

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る