BASF、新たな供給契約により北米での再生可能エネルギー25%超を目指す

8月3日、化学および素材企業のBASFは、新しい仮想電力購入契約(VPPA)を締結し、250MWの風力および太陽光発電を調達し、米国の20以上の製造拠点の電力供給を行うと発表した。

本契約により、BASFの北米における総電力消費量の25%以上が再生可能エネルギーで構成されることになる。

BASFは、エネルギー企業ドーン・ソーラーが発電した100MWの電力を購入し、さらにエネルギーサービス企業EDFエナジー・サービスとの取引により150MWの再生可能エネルギー容量が追加される予定だ。環境保護庁(EPA)の予測によると、VPPAは年間472,500メートルトンのCO2排出を削減することになるという。

今回のPPAは、BASFが昨年発表した、2050年までにスコープ1および2の排出量を完全にゼロにするという目標や、目標達成のために2025年までに最大10億ユーロ(約1,400億円)を投資する計画など、一連の気候変動に関する目標に続くものである。

【参照ページ】
(原文)BASF enters power agreements for clean energy supply of more than 20 BASF sites across the United States
(日本語訳)BASF、新たな供給契約により北米での再生可能エネルギー25%超を目指す

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る