Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Eco Benefitsを開始した。本決済サービスは、対象地域のVisaカード会員向けに、日々の支出が環境に与える影響をより理解し対処するための、サステナビリティに焦点を当てた一連の機能を提供する。

Visaは2021年にEco Benefitsパッケージを導入し、当初はヨーロッパで利用可能だった。

【関連記事】Visa、カード会員向けのサステナビリティ機能・特典を導入

今回のアジア太平洋地域への展開は、同社の「Climate Positive」になるという誓約を受けたもので、自社のフットプリントを超えて、持続可能な商取引と低炭素経済への移行を支援する取り組みを開始する予定だ。

本展開は、アジア太平洋地域の消費者がサステナビリティに焦点を当てたソリューションを強く求めている中で実現した。VisaとYouGovの新しい調査によると、対象地域の消費者の66%が環境に優しい決済ソリューションを期待しており、半数以上が、自身の支出による二酸化炭素排出量を把握できる商品やサービスを利用するために銀行を変更すると回答している。

Eco Benefitsには、グローバルなペイメント・イノベーション企業である Verrencyが提供する洞察に基づくカーボン・フットプリント計算機が含まれている。カード会員は自分の支出による推定カーボン・フットプリントを理解できるほか、森林やクリーンエネルギーのような分野のプロジェクトでカーボン・フットプリントを相殺する機能も提供される。また、カード利用時に環境団体へのチャリティ寄付や、持続可能な消費に関する個別教育へのアクセスなどの機能も備えている。Visaはまた、物理的な決済カードに持続可能な素材を使用するとも述べている。

【参照ページ】
(原文)Visa launching eco-friendly payment solutions in Asia Pacific
(日本語訳)Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る