Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Eco Benefitsを開始した。本決済サービスは、対象地域のVisaカード会員向けに、日々の支出が環境に与える影響をより理解し対処するための、サステナビリティに焦点を当てた一連の機能を提供する。

Visaは2021年にEco Benefitsパッケージを導入し、当初はヨーロッパで利用可能だった。

【関連記事】Visa、カード会員向けのサステナビリティ機能・特典を導入

今回のアジア太平洋地域への展開は、同社の「Climate Positive」になるという誓約を受けたもので、自社のフットプリントを超えて、持続可能な商取引と低炭素経済への移行を支援する取り組みを開始する予定だ。

本展開は、アジア太平洋地域の消費者がサステナビリティに焦点を当てたソリューションを強く求めている中で実現した。VisaとYouGovの新しい調査によると、対象地域の消費者の66%が環境に優しい決済ソリューションを期待しており、半数以上が、自身の支出による二酸化炭素排出量を把握できる商品やサービスを利用するために銀行を変更すると回答している。

Eco Benefitsには、グローバルなペイメント・イノベーション企業である Verrencyが提供する洞察に基づくカーボン・フットプリント計算機が含まれている。カード会員は自分の支出による推定カーボン・フットプリントを理解できるほか、森林やクリーンエネルギーのような分野のプロジェクトでカーボン・フットプリントを相殺する機能も提供される。また、カード利用時に環境団体へのチャリティ寄付や、持続可能な消費に関する個別教育へのアクセスなどの機能も備えている。Visaはまた、物理的な決済カードに持続可能な素材を使用するとも述べている。

【参照ページ】
(原文)Visa launching eco-friendly payment solutions in Asia Pacific
(日本語訳)Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る