欧・英・豪の主要機関投資家、石炭取引会社Glencoreに対し、株主決議を共同提出

欧・英・豪の主要機関投資家、石炭取引会社Glencoreに対し、株主決議を共同提出

1月23日、欧州、英国、オーストラリアの主要機関投資家は、世界最大の石炭取引会社であるGlencoreに対し、同社の一般炭生産が世界の気温上昇を1.5℃に抑えるというパリ目標にいかに合致しているかについて透明性の向上を求める株主決議を共同提出した。

世界的な機関投資家の連合は、合計で2.2兆ドル(約290兆円)の運用資産に相当する。欧州最大級の資産運用会社であるLegal and General Investment Management (LGIM)、Pensionskasse PostやBernische Pensionskasse (BPK)などスイスの大規模年金基金に代わってスイスのEthos Foundation、オーストラリアの産業スーパーファンドであるVision Super、HSBC Asset Managementが参加している。

投資家がGlencoreの一般炭生産に特化した気候変動決議を提出するのは今回が初めてであり、2022年に株主の約4分の1が気候変動計画を否決したことで既に注目されているGlencoreに対する圧力が大幅にエスカレートしたことになる。

Australasian Centre for Corporate Responsibility (ACCR) と英国に本拠を置く責任投資NGOシェアアクションが推進し共同提出された本決議は、Glencoreに対し、予測される一般炭生産と一般炭設備投資がパリ協定の目標および国際エネルギー機関(IEA)のネット・ゼロ・エミッション経路とどのように整合するかを開示するよう求めるものである。

投資家は、Glencoreの一般炭事業がパリ協定に沿ったものとなった場合の企業価値創造の機会について、Glencoreとの建設的な対話を求めている。

【参照ページ】
(原文)Global investors unite on first ever shareholder resolution targeting Glencore’s coal production
(日本語参考訳)欧・英・豪の主要機関投資家、石炭取引会社Glencoreに対し、株主決議を共同提出

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る