損保Chubb、気候変動への対策と管理を支援するグローバル気候ビジネスユニットを発表

Chubb、気候変動への対策と管理を支援するグローバル・クライメート・ビジネス・ユニットを発表

1月4日、損害保険会社であるChubbは新しいグローバル気候ビジネスユニットの立ち上げを発表した。同社は幅広い技術力を活用し、従来のエネルギー、代替・再生エネルギー、気候技術、農業関連ビジネス、リスクエンジニアリングサービスに関わるChubbユニットを統合させる。

新ビジネスユニットは、炭素への依存を減らすための新技術やプロセスを開発・採用している企業に対し、あらゆる分野の保険商品・サービスを提供する。また、気候変動の影響に対処するためのリスクマネジメントや回復力強化のためのサービスも提供する予定である。これらの事業を合わせると、2022年にはすでに6億7,500万ドル以上(約894億円)の保険料収入がChubbにもたらされている。

新しいグローバル気候ビジネスユニットは、Chubbの経験豊富なシニアリーダー2名が共同で率いることになる。ニュージャージー州ホワイトハウス・ステーションを拠点とするMatthew McMullinは、Chubbグローバル・クライメート・プラクティスの北米リーダーに任命された。また、ロンドンを拠点とするMatthew Hardyは、米国、カナダ、バミューダ以外の市場を担当するChubb海外事業(COG)リーダーに任命された。

McMullinとHardyは、Chubbの新しいグローバル・クライメート・オフィサーであるMargaret Pelosoと協力する。

【参照ページ】
(原文)Chubb Announces Global Climate Business Unit to Help Combat and Manage Climate Change
(日本語参考訳)Chubb、気候変動への対策と管理を支援するグローバル・クライメート・ビジネス・ユニットを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る