FAIRR、食品大手60社の2022年版ESG格付公表

12月6日、Farm Animal Investment Risk and Return(FAIRR)は、食品大手60社を対象に実施した環境・社会・健康格付「Coller FAIRR Protein Producer Index」の2022年結果を公表した。

Coller FAIRR Protein Producer Indexは、世界最大の食肉、乳製品、養殖魚の生産者を対象とした、最も詳細な評価指標である。評価対象となる60社のランキングは、温室効果ガス排出量、森林破壊、食品の安全性など、環境、社会、ガバナンスに関連する基準におけるリスクと機会のスコアによって決定される。

Mowi は、Coller FAIRR Protein Producer Index により、4 年連続で最も持続可能なタンパク質生産者であると評価された。Mowiは、責任ある調達、動物福祉、環境の持続可能性などに関する確固たる方針により、設立以来、常に指数の上位を獲得している。

2022年版のレポートでは、主にサーモンなどの養殖企業が、陸上の動物性タンパク質生産企業より優れた業績を上げ続けていることが明らかになった。実際、Mowiと同じ養殖企業であるGrieg Seafood ASAとLerøy Seafood Group ASA(ともにノルウェーに本社を置く)がそれぞれ2位と4位にランクインし、上位4社に加わっている。

本指標は、金融機関が投資判断やエンゲージメント戦略に組み込めるよう、タンパク質セクターに関する最高水準のデータ、分析、トレンドを提供することを目的としており、企業ポリシーや情報開示が遅れているところに光を当て、世界のタンパク質市場のトレンドを積極的に形成している。また、フードチェーンにおける主要なサプライヤーが環境、社会、ガバナンス(ESG)リスクをどの程度管理しているかを評価する上で、投資家にとって重要な情報源となっている。

  1. 温室効果ガス排出量
  2. 森林伐採と生物多様性
  3. 水使用と水不足
  4. 廃棄物と汚染
  5. 抗生物質
  6. 労働条件
  7. 動物福祉
  8. 食品の安全性
  9. ガバナンス
  10. 持続可能なタンパク質

【参照ページ】
(原文)Coller FAIRR Protein Producer Index

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る