Nestlé、国際的な水ブランドのGHG排出量削減のための物流革新に投資

Nestlé、国際的な水ブランドのGHG排出量削減のための物流革新に投資

12月15日、Nestléは、世界展開ブランド「ペリエ」「サンペレグリノ」「アクアパンナ」の物流での二酸化炭素排出量削減に向け、2030年までに1億スイスフラン(約142億円)を超える資金を投入すると発表した。

本投資により、物流ルートの最適化と列車輸送の加速化、代替燃料と輸送手段の利用拡大、革新的な代替輸送手段のテストが行われる。不要な移動をなくし、代替輸送手段にシフトすることで、 Nestlé の国際的なウォーターブランドは、温室効果ガスの総排出量を削減し、 Nestléの2050年のネット・ゼロ公約に貢献できるようになる。

環境サステナビリティの大手コンサルタント会社であるQuantisがピアレビューしたライフサイクル評価によると、 Nestléのインターナショナルウォーターブランドの排出量の大部分は物流と包装(スコープ3)に由来している。これらのブランドはすでに過去10年間で温室効果ガスの総排出量を平均10%削減しており、2022年末までにカーボンニュートラルを達成する目標を設定している。 Nestlé Watersは、これらのブランドがNestléのネット・ゼロの野心に貢献し、カーボンニュートラル認証に代わる長期的な排出削減効果を実現する最もインパクトのある方法として、さらなる排出削減を優先していく。物流における温室効果ガス排出量の削減には、サプライチェーン全体におけるシステム改革と協力が必要である。

Nestlé Watersは、ロジスティクスパートナーやお客様とともに、積載量とルートを最適化することで、トラックの走行回数を減らしている。Nestlé Watersの環境フットプリントが最も大きい欧州全域で、より少ないがより大きな出荷を顧客に提供し、鉄道輸送をより多く利用する予定である。

実際、Nestlé Watersは2021年までに欧州の物流の30%を道路から鉄道に転換した。フランスでは、Nestlé Watersはペリエのために新しい鉄道ルートを立ち上げ、2022年末までに年間推定12 000トンものCO2換算量を削減した。また、2025年までにフランスで水素を動力源とする鉄道路線を展開するために、パートナー企業と協力している。これは現在の排出量の90%に相当し、パリからニースまでの自動車による年間3万回以上の往復に相当する。

Nestlé Watersは、物流や燃料のサプライヤーとともに、トラックでのバイオLNG(有機廃棄物を加工した液化天然ガス)などのバイオ燃料の使用を拡大し、北米向けの海上貨物物流でもバイオ燃料の使用を拡大している。バイオ燃料の利用には、バイオLNGを動力源とする車両へのシフトと供給・給油インフラの整備が必要である。イタリアとドイツのNestlé Watersのパートナー企業は、この技術を物流オペレーションに取り入れ始めている。

Nestlé Watersは、耐久性と使いやすさを評価するために、ヨーロッパでフルバッテリーEVの使用を試験的に行っている。この試験運用には、ドイツ、イタリア、スイスで、この種のものとしては初めてとなる3台の新しい完全電気式大型トラック(HGV)の使用も含まれている。Nestlé は、他の荷主、運送会社、市民社会の代表者と共に、欧州クリーントラック連盟の創設メンバーである。このアライアンスは、欧州における道路輸送の脱炭素化を加速させることを目的としている。Nestlé は過去3年間、アライアンスの勢いが増すよう支援してきた。

Nestlé Watersは、民間企業の同業者とともに、新しい風力発電船の形成を支援する非営利団体「シッパーズ・コアリション」に参加した。本連合は、ヨーロッパから米国への輸送に風力発電を利用した海上貨物の利用を拡大するために活動している。これらの革新的な船舶は、従来の海上貨物船に比べ、二酸化炭素排出量をおよそ50%削減できると推定されている。

このような試行やテストは、産業界と連携し、さまざまな市場において、将来の拡張可能なソリューションのための最良の選択肢を評価する上で重要な鍵となる。Nestlé Watersは、物流セクターが低炭素な選択肢に移行するのを支援するための取り組みに参加することを奨励している。

【参照ページ】
(原文)Nestlé invests in logistics innovations to reduce greenhouse gas emissions for its international water brands
(日本語参考訳)Nestlé、国際的な水ブランドのGHG排出量削減のための物流革新に投資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る