Hexagon、アジア太平洋地域における脱炭素信頼度指数の調査報告を発表

Hexagon、アジア太平洋地域における脱炭素信頼度指数の調査報告を発表

11月3日、HexagonのAsset Lifecycle Intelligence divisionは、アジア太平洋地域における脱炭素信頼度指数の調査報告を発表した。

本報告は企業がESG(環境・社会・ガバナンス)とサステナビリティへの責任を果たすための制約や機会について扱っている。

脱炭素信頼度指数の調査報告は、ネット・ゼロを求めるサステナビリティ報告ではなく、行動を採る先行指数としての信頼度指数の報告である。脱炭素化に対する取り組みについて、「どのように」という問いについて先駆的なリーダーたちの考えを実態調査した。

Hexagonは、アジア太平洋地域-オーストラリア、ニュージーランド、インドネシア、日本、マレーシア、シンガポール、韓国-の6つの市場を代表する112名のリーダーの協力のもと、質的・量的調査を実施した。調査は次の6つの重点分野に絞り、センチメントの全体像を把握できるようにした。

本調査により、同地域の業界リーダーたちは、テクノロジー、設備資産、開発、物流、インフラストラクチャへの投資を通じて、迅速に先頭に立って積極的に変革に携わっていることが明らかになった。しかし、新たな技術の採用、資本投資へのアクセス、今後の規制対策や人材はネット・ゼロに向けた速さに挑戦している。市場によって所感のバラツキがあるものの、市場規制、新しいテクノロジー、人材へのアクセスに関連した分野において一致して信頼度が欠けていた。

Hexagonは、経済成長が地球や人々を犠牲にすることのない世界を信じ、ビジネスのあらゆる面でサステナビリティに取り組まなければならないと考えているという。

サステナビリティについて、Hexagonはあらゆる細やかなデータも保持し、そうすることで収益を支え、持続可能な地球が達成できる。サステナビリティはHexagonがお客様に提供するサービスに伴うものである。資産集約型プロジェクトの無駄を最小限に抑え、リスクを軽減し、事故を防止し、インフラストラクチャや産業設備の最適な設計、計画、構築、運用する。

【参照ページ】
脱炭素信頼度指数 アジア太平洋地域の調査報告

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る