Flora、約13億円の資金調達を実施

Flora、約13億円の資金調達を実施

9月28日、サンフランシスコに拠点を置くサステナブルテック企業Floraは、サステナブルなEコマースプラットフォームの立ち上げに向け、シード資金ラウンドで900万ドル(約13億円)を調達したことを発表した。

Floraは、トルコからの移民仲間で元ゴールドマン・サックス幹部のUgur KayaとMithat Can Ulubayによって2021年に設立され、自社のマーケットプレイスとサードパーティのプラットフォームでミッション主導型ブランドの買収、改革、成長を通じて、手頃な価格でサステナブル製品へのアクセスを拡大することを目指している。

Floraのプラットフォームは、独自の技術とアルゴリズムを用いてサステナブルブランドを特定し、その経営・財務パフォーマンス、サステナビリティへの影響、価値創造の機会などを評価する。Floraは、サステナビリティ、ブランディング、マーケティング、広告、サプライチェーン、製品開発などの専門知識とデータサイエンスを駆使して、企業の売上拡大と事業運営の最適化を実現する。

Floraは、製品の環境影響を計算するためのライフサイクル評価ツールを構築し、顧客に定量的・定性的な洞察を提供している。同社によると、同社のブランドは従来の代替品と比較して、年間1万トンのCO2排出を削減しているという。

シード資金調達ラウンドの参加者には、シリコンバレーの投資家であるLux Capital、Correlation Ventures、Climate Capitalなどのほか、Amazon、Apple、Doordash、Goldman Sachs、Silverlake、Softbank.やGokul Rajaramの幹部や投資家が含まれている。

D4 Ventures、Esas Ventures、Paragon Ventures、23 Fundも本ラウンドに参加し、著名な起業家のFirat & Fatih Isbecer (Pozitron), Ramakant Sharma (Livspace), Rob Gabel (Tubular Labs), そしてGoogle AdSense先駆者のGokul Rajaramを含むAmazon、Apple、Doorash, Goldman Sachs, Silverlake, Softbankの経営者や出資者も参加している。

【参考ページ】
(原文)Flora Raises $9M to Build the First Technology-driven Sustainable E-commerce Platform
(日本語訳)Floraが9百万ドルを調達し、初のテクノロジー主導の持続可能なEコマース・プラットフォームを構築

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る