Flora、約13億円の資金調達を実施

Flora、約13億円の資金調達を実施

9月28日、サンフランシスコに拠点を置くサステナブルテック企業Floraは、サステナブルなEコマースプラットフォームの立ち上げに向け、シード資金ラウンドで900万ドル(約13億円)を調達したことを発表した。

Floraは、トルコからの移民仲間で元ゴールドマン・サックス幹部のUgur KayaとMithat Can Ulubayによって2021年に設立され、自社のマーケットプレイスとサードパーティのプラットフォームでミッション主導型ブランドの買収、改革、成長を通じて、手頃な価格でサステナブル製品へのアクセスを拡大することを目指している。

Floraのプラットフォームは、独自の技術とアルゴリズムを用いてサステナブルブランドを特定し、その経営・財務パフォーマンス、サステナビリティへの影響、価値創造の機会などを評価する。Floraは、サステナビリティ、ブランディング、マーケティング、広告、サプライチェーン、製品開発などの専門知識とデータサイエンスを駆使して、企業の売上拡大と事業運営の最適化を実現する。

Floraは、製品の環境影響を計算するためのライフサイクル評価ツールを構築し、顧客に定量的・定性的な洞察を提供している。同社によると、同社のブランドは従来の代替品と比較して、年間1万トンのCO2排出を削減しているという。

シード資金調達ラウンドの参加者には、シリコンバレーの投資家であるLux Capital、Correlation Ventures、Climate Capitalなどのほか、Amazon、Apple、Doordash、Goldman Sachs、Silverlake、Softbank.やGokul Rajaramの幹部や投資家が含まれている。

D4 Ventures、Esas Ventures、Paragon Ventures、23 Fundも本ラウンドに参加し、著名な起業家のFirat & Fatih Isbecer (Pozitron), Ramakant Sharma (Livspace), Rob Gabel (Tubular Labs), そしてGoogle AdSense先駆者のGokul Rajaramを含むAmazon、Apple、Doorash, Goldman Sachs, Silverlake, Softbankの経営者や出資者も参加している。

【参考ページ】
(原文)Flora Raises $9M to Build the First Technology-driven Sustainable E-commerce Platform
(日本語訳)Floraが9百万ドルを調達し、初のテクノロジー主導の持続可能なEコマース・プラットフォームを構築

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る