Equinor・Wintershall Dea、大規模なCCSプロジェクトで提携

8月30日、エネルギー企業のEquinorとWintershall Deaは、大規模な炭素回収・貯留(CCS)バリューチェーンの開発を目的とした新しいパートナーシップを結成し、ドイツの産業用CO2排出企業とノルウェーの大陸棚での貯留を結ぶと発表した。

両社は、この新しいプロジェクト「Norwegian-German CCS (NOR-GE)」が「ヨーロッパにおける温室効果ガス排出の削減に重要な貢献をすること」を目的としていると発表している。

本プロジェクトは、ドイツの年間産業排出量の約20%に相当する年間2000万〜4000万トンのCO2排出量を想定しており、ドイツのCO2回収拠点とノルウェーの貯蔵施設を結ぶ900kmのオープンアクセス・パイプラインが計画されている。

また、両社は、ノルウェー大陸棚に年間1,500万トンから2,000万トンのCO2を貯留するための海上CO2貯留ライセンスも共同で申請する予定だという。

【参照ページ】
(原文)Equinor and Wintershall Dea partner up for large-scale CCS value chain in the North Sea
(日本語訳)Equinor・Wintershall Dea、大規模なCCSプロジェクトで提携

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る