Equinor・Wintershall Dea、大規模なCCSプロジェクトで提携

8月30日、エネルギー企業のEquinorとWintershall Deaは、大規模な炭素回収・貯留(CCS)バリューチェーンの開発を目的とした新しいパートナーシップを結成し、ドイツの産業用CO2排出企業とノルウェーの大陸棚での貯留を結ぶと発表した。

両社は、この新しいプロジェクト「Norwegian-German CCS (NOR-GE)」が「ヨーロッパにおける温室効果ガス排出の削減に重要な貢献をすること」を目的としていると発表している。

本プロジェクトは、ドイツの年間産業排出量の約20%に相当する年間2000万〜4000万トンのCO2排出量を想定しており、ドイツのCO2回収拠点とノルウェーの貯蔵施設を結ぶ900kmのオープンアクセス・パイプラインが計画されている。

また、両社は、ノルウェー大陸棚に年間1,500万トンから2,000万トンのCO2を貯留するための海上CO2貯留ライセンスも共同で申請する予定だという。

【参照ページ】
(原文)Equinor and Wintershall Dea partner up for large-scale CCS value chain in the North Sea
(日本語訳)Equinor・Wintershall Dea、大規模なCCSプロジェクトで提携

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る