サントリー、大王製紙と長距離輸送での協力を強化

物流

8月18日、サントリーグループは、大王グループと共同で関東圏・関西圏間の長距離輸送効率化に向けた新たな取り組みを開始すると発表した。貨物の混載やスイッチ輸送などを行い、トラックドライバーの労働負荷と環境負荷の低減を進める予定である。

各グループの物流機能会社であるサントリーロジスティクスとダイオーロジスティクスは今回、長距離トラック輸送において各グループの製品を混載し、積載率の向上や輸送効率化を進める。また、3人のトラックドライバーがリレー形式で輸送(スイッチ輸送)することで、長距離輸送における労働負荷を低減する。

両社は東京・大阪間で、鉄道によるコンテナの往復輸送も開始しており、これらの取り組みにより、トラックドライバーの運転時間を約3,900時間減少させ、CO2排出量を約215トン削減する見込みである。

サントリーは「スマートロジスティクス」の取り組みを進め、先端技術の活用や各企業・自治体との連携による、安全。安心で持続可能な物流の実現を目指してきた。ダイオーロジスティクスとは2017年から輸送協力を行っており、今回さらに協力を強化する。

【参照ページ】
大王グループと共同で長距離輸送効率化の新たな取り組みを開始

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る