ベインアンドカンパニー、ESGトレーニング提供のためのイニシアティブを立ち上げ

ベインアンドカンパニー、ESGトレーニング提供のためのイニシアティブを立ち上げ

9月28日、ベイン・アンド・カンパニーは、同社のグローバルな全コンサルタントに大学院レベルのESGトレーニングを提供する大規模なスキルアップ・イニシアチブであるFurther Academyの立ち上げを発表した。

ベインは、本プログラムを「トップクラスの経営コンサルティング業界では最大規模」と位置づけており、世界65拠点に所属するコンサルタント一人ひとりが、マサチューセッツ工科大学(MIT)、インペリアルカレッジ・ロンドン、HECパリ、メルボルンビジネススクールなどのトップレベルの大学やビジネススクールからトレーニングを受ける。

本プログラムは、企業がサステナビリティをビジネスに組み込むことが「世界的な必須条件」となっている中で生まれた。ベインは昨年、気候変動から構造的不公平や環境悪化に至るまで、様々な課題に取り組む顧客と協力し、ESG機能を統合した「Further」を立ち上げた。

サステナビリティ、ESG、気候問題に対する企業のサポート需要が高まる中、いくつかのプロフェッショナルサービス企業は、従業員のスキルアップのための取り組みを発表している。今週初めには、デロイトが気候変動やサステナビリティの問題に関する社員のスキルと能力の向上を目的とした新しい学習プログラムを開始し、今月初めには、PwCが「New Equation」戦略の一環として、過去1年間に10万人の社員にESGトレーニングを提供したことを明らかにした。PwCは、今後4年間でESGの収益が10倍に成長する計画であると述べている。

ベインの新しいプログラムでは、同社の各コンサルタントが主にライブセッションを通じて40時間の大学院生向けトレーニングモジュールを受ける。モジュールには、気候変動、エネルギー転換、持続可能な開発、ビジネスの変革、循環とバリューチェーン、持続可能で公平なフードシステム、社会正義、多様性と公平性と包括性(DAI)などが含まれている。パートナーであるビジネススクールは、地域ごとにカリキュラムを作成し、トレーニングは各コンサルタントが専門分野の中でESGの課題についてアドバイスできるようになることを目指す。

【参照ページ】
(原文)Bain & Company acts on global sustainability imperative with world-leading program to rapidly upskill all consultants with ESG training from top universities
(日本語訳)ベインアンドカンパニー、ESGトレーニング提供のためのイニシアティブを立ち上げ

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る