環境NGO20団体、JBSの気候変動格付け「A-」からの引き下げを要請

 

3月29日、環境NGO20団体はCDPに対し、食肉加工大手JBSの気候変動への取り組み実績に対して最近与えられた「A-」スコアと「リーダーシップ」ステータスを取り消すよう求めた。マイティーアースを筆頭に、ワールド・アニマル・プロテクション、農業貿易政策研究所(IATP)、コンパッション・イン・ワールド・ファーミング、ソイル・アソシエーション、レインフォレスト財団ノルウェーなど、最大かつ最も活発なグループが協力して、この高い評価に注意喚起している。

マイティーアースは、JBSが気候変動対策のリーダーとは程遠く、CDPが与えた評価は間違っており、誤解を招くものであると主張する。

CDP創設者のポール・ディクソンに送った書簡の中で、署名団体はJBSの格下げを正当化する多くの要因を列挙している。中でも、2040年までに純排出量をゼロにするという公約を掲げているにもかかわらず、重要な脱炭素化計画がないことが挙げられている。JBSの透明性の欠如については、米国のベター・ビジネス・ビューロー(BBB)の全米広告部門が、同社の約束に根拠がないと判断している。

CDPによると、「リーダーシップ」レベルのスコアを獲得する企業は、「気候変動、森林破壊、水の安全保障に関する行動を開示することで環境リーダーシップを実証する」必要があり、A-を与えられた企業は「現在のベストプラクティスを実施している」ことになる。

様々な分析によると、JBSは畜産部門で最も温室効果ガスを排出し、ブラジルの森林破壊を最も促進している企業である。このように、JBSの環境および気候への影響を正確に反映していないCDPによる誤った分類は、JBSグループ自身の評判を危険にさらすだけでなく、投資家やその他の利害関係者にとって、この信用できないスコアがより広い影響を与えることになる。

【参照ページ】
(原文)Sociedade civil pede que JBS seja rebaixada da classificação climática “A-“
(日本語訳)環境NGO20団体、JBSの気候変動格付け「A-」からの引き下げを要請

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る