ISS、CSRD/サステナビリティ・レポーティング・ソフトウェアの新興企業セルシアを買収

ISS、サステナビリティ・レポーティング・ソフトウェアの新興企業セルシアを買収

4月11日、インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシズ(ISS)は、同社のガバナンス、報酬、サステナビリティ、サイバーリスク事業のISS-コーポレートが、企業サステナビリティ・レポーティング・ソフトウェア・ソリューション・プロバイダーのセルシアを買収したことを発表した。

2021年に設立され、オスロに本拠を置くセルシアは、特にEUの企業持続可能性報告指令(CSRD)規制に焦点を当てた、規制上の持続可能性報告の簡素化を目的としたソリューションを提供している。CSRDは、2024年初頭から一部の企業に適用が開始され、サステナビリティの開示が求められる企業数を現在の約1万2000社から5万社以上に大幅に拡大し、新たに策定された欧州サステナビリティ報告基準(ESRS)に基づき、環境、人権、社会基準、サステナビリティ関連リスクに対する企業の影響を網羅する、より詳細な報告要件を導入する。やがてCSRDは、EU域内で事業を展開するEU域外の多くの大企業にも適用されることになる。

セルシアのソフトウェアは、環境目標に貢献する上で重要な役割を果たす経済活動の分類を可能にするEUの分類システムであるEUタクソノミーの報告要件や、持続可能性リスクの統合やプロセスや製品における持続可能性への悪影響の考慮に関する透明性を投資家やアドバイザーに求めるEUの規制である持続可能な金融情報開示規制(SFDR)の報告要件もサポートしている。

セルシアのスタッフはそのまま残り、セルシアのCEO兼共同設立者であるペター・レイスタッドに引き続き報告する。

【参照ページ】
(原文)ISS-Corporate Acquires Sustainability Reporting Software Provider, Celsia
(日本語参考訳)ISSコーポレート、サステナビリティ・レポーティング・ソフトウェア・プロバイダーのセルシアを買収

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る