CalSTRS、2030年までにポートフォリオの温室効果ガス排出量の半減を約束

 

8月31日、米国最大級の公的年金基金であるカリフォルニア州教職員退職年金制度(CalSTRS)は、2030年までに投資ポートフォリオ全体の温室効果ガス(GHG)排出量を削減する誓約を含む、気候に焦点を当てた一連の投資イニシアティブおよびコミットメントを発表した。

本コミットメントは、CalSTRSが昨年、2050年までにネット・ゼロのポートフォリオを達成する目標を設定したことに続くもので、”気候変動は世界経済のあらゆるセクターとあらゆる資産クラスに重大なリスクをもたらす “という認識のもと、新たに実施した「トータルファンド計画」の一環をなすものである。

2030年のポートフォリオ排出量削減目標に加え、CalSTRSは、リスク・リターン分析や制度への潜在的影響の一部として、投資判断に排出量を組み込むプロセスの採用、公的株式ポートフォリオの20%を低炭素インデックスに配分、投資判断の指針となる資産・負債モデリングのフレームワークに気候シナリオを統合することを紹介した。

【参照ページ】
(原文)CalSTRS’ Board sets science-based emissions goal for 2030 and commits to additional net zero actions
(日本語訳)CalSTRS、2030年までに3,000億ドルのポートフォリオの温室効果ガス排出量を半減させることを約束

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る