CalSTRS、2030年までにポートフォリオの温室効果ガス排出量の半減を約束

 

8月31日、米国最大級の公的年金基金であるカリフォルニア州教職員退職年金制度(CalSTRS)は、2030年までに投資ポートフォリオ全体の温室効果ガス(GHG)排出量を削減する誓約を含む、気候に焦点を当てた一連の投資イニシアティブおよびコミットメントを発表した。

本コミットメントは、CalSTRSが昨年、2050年までにネット・ゼロのポートフォリオを達成する目標を設定したことに続くもので、”気候変動は世界経済のあらゆるセクターとあらゆる資産クラスに重大なリスクをもたらす “という認識のもと、新たに実施した「トータルファンド計画」の一環をなすものである。

2030年のポートフォリオ排出量削減目標に加え、CalSTRSは、リスク・リターン分析や制度への潜在的影響の一部として、投資判断に排出量を組み込むプロセスの採用、公的株式ポートフォリオの20%を低炭素インデックスに配分、投資判断の指針となる資産・負債モデリングのフレームワークに気候シナリオを統合することを紹介した。

【参照ページ】
(原文)CalSTRS’ Board sets science-based emissions goal for 2030 and commits to additional net zero actions
(日本語訳)CalSTRS、2030年までに3,000億ドルのポートフォリオの温室効果ガス排出量を半減させることを約束

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る