Linde、世界初の旅客列車用の水素燃料補給システムを開始

8月24日、Lindeは、ドイツのブレマーベルデで世界初の旅客列車用水素充填システムを稼動させたと発表した。

Lindeが建設、所有、運営する水素充填システムは、14台の水素駆動の旅客列車に給油し、1回の給油で1,000kmの無公害走行を可能にする。また、1日あたり約1,600kgの水素を供給することができ、これまでに建設された水素充填システムの中でも最大級のものとなっている。さらに、Lindeの将来対応型水素充填システムは、将来のオンサイト型グリーン水素発電を組み込むことができるように設計・構築されており、この新しい水素列車は、既存のディーゼルエンジン駆動の列車に取って代わることも期待されている。

Lindeは、水素の製造、処理、貯蔵、流通における世界的なリーダーである。世界最大の液体水素の容量と供給システムを有している。同社は世界初の高純度水素貯蔵庫と、全世界で合計約1,000kmのパイプライン網を運営し、顧客に安定的に水素を供給している。Lindeは、世界クラスのエンジニアリング組織、主要なアライアンスやパートナーシップを通じて、最新の水素技術を提供している。

【参照ページ】
(原文)Linde Inaugurates World’s First Hydrogen Refueling System for Passenger Trains
(日本語訳)Linde、世界初の旅客列車用の水素燃料補給システムを開始

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る