Linde、世界初の旅客列車用の水素燃料補給システムを開始

8月24日、Lindeは、ドイツのブレマーベルデで世界初の旅客列車用水素充填システムを稼動させたと発表した。

Lindeが建設、所有、運営する水素充填システムは、14台の水素駆動の旅客列車に給油し、1回の給油で1,000kmの無公害走行を可能にする。また、1日あたり約1,600kgの水素を供給することができ、これまでに建設された水素充填システムの中でも最大級のものとなっている。さらに、Lindeの将来対応型水素充填システムは、将来のオンサイト型グリーン水素発電を組み込むことができるように設計・構築されており、この新しい水素列車は、既存のディーゼルエンジン駆動の列車に取って代わることも期待されている。

Lindeは、水素の製造、処理、貯蔵、流通における世界的なリーダーである。世界最大の液体水素の容量と供給システムを有している。同社は世界初の高純度水素貯蔵庫と、全世界で合計約1,000kmのパイプライン網を運営し、顧客に安定的に水素を供給している。Lindeは、世界クラスのエンジニアリング組織、主要なアライアンスやパートナーシップを通じて、最新の水素技術を提供している。

【参照ページ】
(原文)Linde Inaugurates World’s First Hydrogen Refueling System for Passenger Trains
(日本語訳)Linde、世界初の旅客列車用の水素燃料補給システムを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る