ピザハット、米国酪農家協会と2024年までの革新的な農場レベルのサステナビリティプロジェクトで提携

8月10日、チーズを中心としたイノベーションで知られるピザハットと、その親会社であるYum! Brandsは、11,500以上の農家が参加する農民組合であるDairy Farmers of America(DFA)および乳製品サプライヤーと提携することを発表した。参加農家に温室効果ガス(GHG)排出量の削減に役立つ技術やデータを提供する。

ピザハットは、DFAおよび乳製品サプライヤーとともに、サプライチェーン内の関心のある酪農家を共同酪農プロジェクトに登録する作業を開始し、3年間にわたりFARM ES(責任ある経営と環境保全を保証する農家)の評価を通じて、農場レベルの温室効果ガスとエネルギーのフットプリント測定に参加する。ピザハットは3年後の2025年までに、ピザ用チーズの製造に使用する乳製品の50%をFARM ESプログラムに登録した酪農家から調達することを目指す。

登録が完了すると、酪農家には世界最速のラボ用乾物分析器であるSCiO cupが贈られる。これにより、酪農家は牛の飼料の乾物分析を瞬時に行うことができ、正確な栄養補給、ひいてはより効率の良い牛乳生産、廃棄物の削減、農場での温室効果ガス排出の低減に貢献することができる。

また、農場は持続可能なプロジェクトを実施するための資金を申請することができ、パートナーシップの期間中、DFAメンバーを積極的に採用し続けることができるようになる。本プログラムに参加する酪農家は、SCiOカップの使用に加えて、飼料管理の強化やエネルギー効率の高い照明など、その他の実践や技術を導入する機会も得られる。

本プロジェクトは、すべての関係者がさらなる長期的な持続可能性の目標を達成するための、より広範な戦略の一部でもある。

【参照ページ】
(原文)PIZZA HUT PARTNERS WITH DAIRY FARMERS OF AMERICA ON INNOVATIVE FARM-LEVEL SUSTAINABILITY PROJECT THROUGH 2024
(日本語訳)ピザハット、米国酪農家協会と2024年までの革新的な農場レベルの持続可能性プロジェクトで提携

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る