E.ON ベンチャーキャピタル チーム、独立した気候変動技術ファンドを立ち上げ

E.ON ベンチャーキャピタル チーム、独立した気候変動技術ファンドを立ち上げ

8月15日、欧州最大級のエネルギー事業者であるE.ONは、同社のベンチャーキャピタルチームであるFuture Energy Venturesが、従来のエネルギーバリューチェーンをネット・ゼロに向けて変革することを目指す事業に投資する独立した気候技術ファンドを新たに立ち上げることを発表した。

E.ONは、本ファンドのアンカーインベスターとなることを約束したが、ファンドは今後、E.ONの外部で運営されることになる。

本ファンドは、未来エネルギー、未来都市、未来技術という重要なテーマで、デジタルで拡張性のあるモデルへのシリーズAおよびB投資に焦点を当て、ヨーロッパ、北米、イスラエルの投資ハブをターゲットにしている。

【参照ページ】
(参考記事)E.ON backs Future Energy Ventures on launch of Independent Climate Tech Fund

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る