Octopus Energy、グローバル展開に向け約750億円を調達

7月26日、クリーンエネルギー投資会社Octopus Energy Groupは、世界展開と自然エネルギー戦略を支援するため、総額5億5,000万ドル(約750億円)を調達したことを発表した。

本資金調達には、既存株主からの3億2500万ドル(約450億円)が含まれ、Octopusの英国の技術部門とグローバル事業を支援する。また、カナダ年金基金投資委員会(CPP Investments)からの2億2500万ドル(約300億円)を追加して、電力系統への自然エネルギーの統合を加速・強化する同社の努力を支援する。また、調達した資金は、同社のエネルギー技術プラットフォームであるKrakenのさらなる改良に充てられる。

2016年に立ち上げられたOctopus Energy Groupは、3GWのエネルギープロジェクトを管理している。同社のKrakenプラットフォームは、高度なデータと機械学習機能に基づいており、世界が分散型・脱炭素型のエネルギーシステムに移行する中、エネルギーサプライチェーンの多くを自動化し、効率化を可能にする。Krakenのプラットフォームは、自社の小売、発電、フレキシビリティ事業をサポートし、他のエネルギー事業者にもライセンス供与されている。

【参照ページ】
(原文)Octopus Energy Group completes fundraise with existing investors, totalling US$550m
(日本語訳)OctopusEnergy、グローバル展開に向け 約750億円 を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る