サステナブル投資グループIIGCC、インフラ投資家向け「ネット・ゼロ・アライメント・ガイダンス」を発表

サステナブル投資グループIIGCC、インフラ投資家向け「ネット・ゼロ・アラインメント・ガイダンス」を発表

6月16日、サステナブル投資に特化したグループであるInstitutional Investors Group on Climate Change(IIGCC)は、インフラ投資家がポートフォリオをネット・ゼロ目標に合わせるためのガイダンス案を公表したと発表した。

IIGCCの新ガイダンスは、パリ連携投資イニシアチブ(PAII)のネット・ゼロ投資フレームワーク(NZIF)の新たな構成要素として発表されたものである。2021年に開始されたNZIFは、2050年またはそれ以前に世界全体でネット・ゼロ排出を達成するための推奨行動、指標、方法論を資産運用者に提供する。

本ガイダンスは、インフラストラクチャーという資産の物理的性質や実世界への直接的な影響、また、資産に関わる投資家の幅広さ、そして資産に含まれる幅広い投資タイプから、資産クラスに特有の問題を取り上げている。本ガイダンスの対象となる資産には、空港、鉄道、道路などの交通関連資産、発電、配電、水道事業、再生可能エネルギー資産、通信インフラ、学校、病院、政府の建物などが含まれる。

新刊の提言には、資産家や資産運用会社がネット・ゼロの整合性を長期的に測定するための指標や目標設定の検討事項、整合性目標や実経済の脱炭素化を達成するための実行行動などが含まれている。また、ネット・ゼロ投資戦略との整合性を図るため、科学的根拠に基づく経路でネット・ゼロに整合できない新規のグリーンフィールド資産には投資しないよう、投資家に勧告する内容も含まれている。

IIGCCは、本ガイダンスに関するパブリックコンサルテーションを7月初旬まで実施し、2022年第3四半期に最終的な出版を目指す。

インフラストラクチャーに関する提案は、NZIFの下で提示される6つ目のガイダンスとなる。これまでの他の資産クラスには、上場株式、社債、ソブリン債、不動産、プライベート・エクイティが含まれる。

【関連記事】IIGCC、プライベート・エクイティ投資家向け「Net Zero Alignment Guidance」を発表

【参照ページ】
(原文)CONSULTATION ON PROPOSED COMPONENTS FOR INFRASTRUCTURE
(日本語訳)サステナブル投資グループIIGCC、インフラ投資家向け「ネット・ゼロ・アラインメント・ガイダンス」を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る