ファミリーオフィス、資産運用動向を調査したレポートを発表

ファミリーオフィス、資産運用動向を調査したレポートを発表

6月8日、ファミリーオフィスは、資産運用動向を調査したレポート「グローバル・ファミリーオフィス・レポート2022」を発表した。以下が本レポートのエグゼクティブサマリーである。

予測不可能な時代における、新たな選択肢の模索
経済の先行きが不透明な中、ファミリー・オフィスは投資の選択肢を再検討している。特に、質の高い債券が意味のある分散投資を実現できなくなった場合、相関性のないリターンを見つけるのは難しいと考えている。債券の配分を減らす一方で、リターンのために流動性を犠牲にし、プライベート・エクイティ、不動産、民間債権への投資を増やしている。近年とは異なり、よりアクティブな戦略も模索されている。

最大の懸念材料である、情報と世界的な地政学
ファミリー・オフィスは、富を拡大することを第一の目的としている。経済情勢の変化が懸念材料となっており、注目すべきは 高騰するインフレへの懸念である。特に、世界の地政学が不安定な時期に、一部の資産のバリュエーションが高止まりしているためである。

プライベート・エクイティは有力なリターンの源泉
プライベート・エクイティは、公開株式市場よりも高いリターンが期待でき、投資機会も増大していることから、これまで以上にファミリー・オフィスは投資を増やしている。
ファミリー・オフィスは、直接投資とファンドに資金を配分しており、通常、専門知識のあるところには直接投資を行い、分散投資や地域やセクターを超えた投資規模の拡大を図るためにファンドを利用してる。

サステナブル投資の中での選択的なアプローチ
半数以上のファミリーオフィスが持続可能な投資を行っており、ポートフォリオに反映させたい目的や目標を絞り込むことで、より選択的になってきている。また、グリーンウォッシュを回避し、インパクトの測定という課題に取り組むため、デューデリジェンスが強化されている。

ファミリー・オフィスのコスト上昇
コストが上昇する中、ファミリーオフィスは引き続き中核的な活動に注力する。70%以上が、資産配分、リスク管理、会計・報告などを社内で行っている。今後3年間はコスト増が予想され、その中でも最大の間接費である人件費が最も上昇する見込みである。半数以上が、給与や賞与などの人件費の増加を見込んでいる。

【参照ページ】
Global Family Office Report 2022

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る