Temasek、数十億円を投じ、脱炭素化ソリューション投資プラットフォームを立ち上げ

投資会社Temasek、数十億円を投じて脱炭素化ソリューション投資プラットフォームを立ち上げ

6月6日、シンガポールの投資会社Temasek(テマセク)は、脱炭素社会に向けたソリューションに特化した新しい投資プラットフォーム「GenZero」の立ち上げを発表した。テマセクは、新プラットフォームの立ち上げに50億シンガポールドル(約4,800億円)の資金を投入する。

新プラットフォームの立ち上げは、世界の主要な投資会社が、気候変動やエネルギー転換のためのソリューションを推進し、産業の脱炭素化に資金を動員していることを受けたものである。テマセクは、気候変動対策に特化したVCおよびプライベートエクイティのパートナーシップである「Decarbonization Partners」をBlackRockと立ち上げ、Brookfieldのネット・ゼロに焦点を当てたインパクトファンド「Brookfield Global Transition Fund」に設立投資パートナーとして参加するなど、様々な取り組みに参加している。

GenZeroは、世界の気温上昇を1.5度に抑えるため、排出量ギャップを解消するソリューションを開発・商業化する企業に短期・長期の両面から投資する。「ペイシェント・キャピタル」を必要とする初期段階の企業やソリューションから、規模拡大の準備が整った成熟企業まで幅広く投資対象にしている。

新しいプラットフォームは、技術ベースのソリューション、自然ベースのソリューション、カーボンエコシステム・イネーブラーの3つの主要な投資分野に焦点を当てる。

技術ベースのソリューション
電力・エネルギー、輸送・建築、産業・製造などのセクターにおいて、低炭素材料、炭素回収・利用・隔離(CCUS)、サステナブルな航空燃料(SAF)などの先進バイオ燃料などの炭素削減・炭素除去技術により、基本的な脱炭素化のインパクトを与える技術を投資対象としている。


自然ベースのソリューション
自然生態系の保護、修復、管理のためのソリューション展開を支援し、規模の拡大を目的にしている。GenZeroは、林業・農業分野のパートナーと共にプロジェクトを投資・共同開発し、炭素クレジットを活用して本ソリューションへの資金提供を加速する。


カーボンエコシステム・イネーブラー
気候アドバイスサービス、炭素取引インフラ、モニタリング・報告・検証(MRV)技術、格付けプロバイダーなどの分野への投資が含まれ、効果的で信頼できる炭素市場の発展を支援する。

【参照ページ】
(原文)
Temasek launches GenZero, an investment platform company aimed at accelerating decarbonisation globally
(日本語訳)
投資会社Temasek、数十億円を投じ、脱炭素化ソリューション投資プラットフォームを立ち上げ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る