Teck、2030年までに

6月5日、鉱業会社Teck Resourcesは、2030年までに自然共生企業になるという新たなコミットメントの一環として、鉱業活動によって影響を受けた1ヘクタールごとに、少なくとも3ヘクタールの土地を保護または修復する計画を発表した。

同社は新たなコミットメントとして、自然を尊重した意思決定・生物多様性への影響評価・計画による影響の最小化の3つの重点分野で直ちに行動を起こすと表明している。発表した新プロジェクトには、同社の鉱山跡地の40%以上に相当する14000ヘクタールに及ぶものが含まれている。

新たな取り組みには、ユニークで価値の高いチリの湿地生態系5,800ヘクタールの保護や、カナダ自然保護協会(NCC)へ1,200万ドルの資金提供を含む。また、BC州流域の購入と管理のためにNCCへ200万ドルの寄付を行う。さらに、「先住民スチュワードシップ基金」の創設に1千万ドル(約13億円)を拠出し、先住民コミュニティとスチュワードシップ・イニシアティブ開発のパートナーを支援する。

【参照ページ】
(原文)Target of conserving or rehabilitating at least three hectares for every hectare disturbed
(日本語訳)Teck、2030年までに “Nature Positive “に

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る