UEFAとペプシコ、協働でサーキュラー・エコノミー活動を実施

UEFAとペプシコ、協働でサーキュラーエコノミー活動を実施

5月25日、UEFA(欧州サッカー連盟)とペプシコは、2022年UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦から「UEFAサッカー・サステナブル・ストラテジー2030」で示された4Rフレームワーク(Reduce, Reuse, Recycle, Recover)を中心とするサーキュラー・エコノミーの実践に着手すると発表した。収集されたデータは分析され、最終的にはUEFAの「サッカー試合における飲食料品におけるサーキュラー・エコノミーガイドライン」の基礎となる改善行動の基準値を定義するために使用される予定だ。

テストされるサーキュラー・エコノミー活動には、食品の気候への影響を可視化するための環境情報を記載したメニューボードが含まれる。ペプシコは、すべての売り場で再利用可能なエコカップに移行し、すべてのペプシコブランドで25%から100%の再生プラスチックを使用した再生プラスチック(rPET)ボトルを使用する。また、アルミ缶やガラス瓶のリサイクルにも力を入れ、ピッチ上のペプシ周辺LEDボードに「Please Recycle」のメッセージを表示し、ファンにリサイクルを呼びかける活動を継続する予定だ。

UEFAチャンピオンズリーグのシーズン中に10クラブが参加する本プロジェクトでは、すでに成功事例のデータベースを作成し、クラブ間で知識を共有し共通の課題を議論するための協議グループを結成しており、2つのパイロットスタジアムで選択した実践方法を実用化するためのフィージビリティ分析が行われている。

UEFAは、2024年にロンドンで開催されるUEFAチャンピオンズリーグの決勝戦で、新たな試験的取り組みである「廃棄物の埋め立てゼロ」の導入も目指している。2026年からは、上記の取り組みを定期的に実施し、廃棄物の埋め立てゼロを開催スタジアムの選定要件に含め、その後数年間はUEFAの全イベントでの実施を目標としている。

今回のコラボレーションは、ペプシコのエンドツーエンドのサステナビリティ変革「ペプシコポジティブ(pep+)」に沿ったもの。サステナビリティを中心に据え、惑星の境界線の中で事業を行い、地球と人々のためにポジティブな変化を促すことで価値と成長の創出を目指している。世界で最も尊敬される食品・飲料企業の一つとして、ペプシコは自社のリーチと影響力を利用し、社会のパッケージの製造・使用・廃棄の方法を変え、多方面からアプローチして革新的なパッケージングソリューションを導入し、バージンプラスチックを削減し、リサイクル可能・コンポスト可能・生分解性・再利用可能なパッケージを確保するための改善を行っている。

本プロジェクトは、UEFAとペプシコが共同で行っているF&Bサーキュラリティ・プロジェクトの一環で、データ収集、関係者との協議、ガイドラインの更新、サーキュラー・エコノミー活動の実施を維持し、UEFAチャンピオンズリーグの循環型食品・飲料活動への移行を支援する。

F&Bサーキュラリティ・プロジェクトは、2030年までにサッカーが環境に与える影響を最小限に抑え、資源効率とコスト削減を推進するために、すべてのオペレーションに4Rsアプローチを組み込むことを目標とするUEFAのサーキュラー・エコノミー・ポリシーに沿ったものだ。

【関連記事】PepsiCo Europe、循環型経済の推進により、チップスのプラスチックパッケージの100%リサイクル化にコミット
PepsiCo、包括的なサステナビリティ・フレームワークを発表。ESG目標を拡大

【参照ページ】
(原文)UEFA and PepsiCo to implement circular economy practices at the 2022 UEFA Champions League final
(日本語訳)UEFAとペプシコ、2022年UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦で循環型経済活動を実施へ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る