Broadridge、資産運用会社向けにSFDRに特化したESGレポーティング・ソリューションを発表

5月24日、フィンテック企業のBroadridge(以下、ブロードリッジ)は、資産運用会社が今後のコンプライアンス要件と規制上の開示義務に対応できるよう、SFDRに焦点を当てたESG報告ソリューションの提供を開始することを発表した。

EU持続可能金融開示規則(SFDR)は、投資家やアドバイザーを含む金融市場参加者に対し、持続可能性リスクの統合と持続可能性への悪影響の考慮に関する透明性、および金融商品に関する持続可能性関連情報の提供に関する調和された規則を定めている。

2023年に発効する予定の規制の次期段階では、報告義務として、持続可能性リスクが投資判断に統合される方法に関する開示、および持続可能性リスクが金融商品のリターンに及ぼすと思われる影響の評価、KPIの測定と追跡、主たる悪影響(PAI)、EUタクソノミーとの整合性などが盛り込まれる予定である。

ブロードリッジの新しいソリューションは、SFDRの要件への準拠を容易にし、金融市場参加者間のESGデータの交換を容易にすることを目的として金融業界が開発した標準テンプレートである欧州ESGテンプレート(EET)を通じた開示を可能にするものである。同社によると、本ソリューションは、金融商品の組成から保守、普及に至るまで、EETのあらゆる側面を完全にサポートするという。

【参照ページ】
(原文)New European ESG Reporting Service for Asset Managers Launched by Broadridge Ahead of Upcoming SFDR Requirements
(日本語訳)Broadridge、資産運用会社向けにSFDRに特化したESGレポーティング・ソリューションを発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る