米アルミニウム会社Novelis、持続可能なパッケージングに対応

5月11日、アルミニウム圧延・リサイクル企業のNovelisは、25億ドル(約3,200億円)を投じてアラバマ州に低炭素型のリサイクル・圧延工場を新設する計画を発表した。本施設は、米国で40年ぶりに建設される完全統合型のアルミニウム工場となる。

Novelisによると、完全統合型のグリーンフィールド施設を建設するという決定の背景には、消費者の需要に後押しされ、缶メーカーや飲料メーカーから持続可能なパッケージングソリューションに対する北米の強い需要があるという。

600キロトンの新施設の生産能力の半分以上は、北米で拡大する飲料用アルミ缶シートの需要に対応するために使用される。また、自動車メーカーが独自の持続可能性目標を達成しようとする中で、アルミニウムの需要が高まっている自動車市場にも対応する予定だ。

本工場は、スコープ1と2においてネットカーボンニュートラルを目指し、主に再生可能エネルギーを使用し、リサイクル水を使用し、廃棄物ゼロの施設となる予定である。また、鉄道輸送を利用することで、物流関連の二酸化炭素排出量を削減する予定だ。

Novelisは、現在の740億缶のリサイクル能力から、新しいリサイクルセンターの追加により、全世界で900億缶のリサイクル能力を持つことになると予想している。

【関連記事】Novelis、約420億円を自動車リサイクル施設に投資、年間100万トン以上の炭素排出削減を目指す

【参照ページ】
(参考記事)Novelis plans $2.5 billion Alabama aluminum mill with 1,000 jobs

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-24

    UNEP FI、マクロ経済モデルを用いた短期的な気候関連ショックを分析

    5月、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、 英国の国立経済社会研究所(NIESR) …
  2. 2022-5-24

    中国、ILOの強制労働条約の批准を承認

    4月20日、国際労働機関(ILO)は、中華人民共和国全国人民代表大会が、1930年の強制労働条約(…
  3. 日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    2022-5-24

    日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    5月19日、岸田文雄首相は、日本の脱炭素化およびクリーンエネルギー移行目標を達成するための大規模な…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る