Porsche、バッテリー技術の新興企業Group14のために500億円超の資金調達を主導

Porsche、バッテリー技術の新興企業Group14のために500億円超の資金調達を主導

5月4日、バッテリー技術の新興企業Group14は、高級スポーツカーメーカーのPorsche AGが主導するシリーズC資金調達ラウンドでの4億ドル(約524億円)の調達を発表した。本資金は、同社の先進バッテリー材料の生産能力拡大を支援することを目的としている。

Group14の先進的なシリコン-カーボン技術は、EVバッテリーの性能を大幅に向上させることで、航続距離や充電不安といったEV普及の課題を解決することを目的としている。同社によると、この先端材料は、リチウムシリコン電池が従来のリチウムイオン電池より50%高い性能を発揮するのに役立つという。SCC55は、従来のリチウム電池の負極材である黒鉛に比べ、5倍の容量と最大50%のエネルギー密度を誇り、既存の製造設備に適合するため、電池メーカーの生産量を大幅に増加させることが可能である。

Group14は最近、米国で商業規模の電池活物質工場を立ち上げ、韓国ではSKグループとの合弁工場の開発を開始した。同社は、市場の需要に先んじ、Porscheの子会社であるセルフォース・グループなどの顧客に製品を供給するため、今回の資金調達により、米国で2番目の商業規模の工場を着工する予定である。

本資金調達ラウンドには、OMERS Capital Markets、Decarbonization Partners、Riverstone Holdings LLC、Vsquared Ventures、Moore Strategic Ventures、その他の大手機関投資家が追加で参加した。

【参照ページ】
(原文)Porsche AG acquires stake in innovative producer of battery materials
(日本語訳)Porsche、バッテリー技術の新興企業Group14のために500億円超の資金調達を主導

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-24

    UNEP FI、マクロ経済モデルを用いた短期的な気候関連ショックを分析

    5月、国連環境計画金融イニシアチブ(UNEP FI)は、 英国の国立経済社会研究所(NIESR) …
  2. 2022-5-24

    中国、ILOの強制労働条約の批准を承認

    4月20日、国際労働機関(ILO)は、中華人民共和国全国人民代表大会が、1930年の強制労働条約(…
  3. 日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    2022-5-24

    日本、20兆円の「GX経済移行債」発行を検討

    5月19日、岸田文雄首相は、日本の脱炭素化およびクリーンエネルギー移行目標を達成するための大規模な…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る