DHL、LCL海上輸送の全貨物を脱炭素化

DHL、LCL海上輸送の全貨物を脱炭素化

5月2日、ロジスティクス大手のドイツポストDHLグループの航空・海上貨物事業であるDHL Global Forwardingは、2021年1月以降、すべての小口混載貨物(LCL)海上輸送における二酸化炭素排出量の中和を発表した。

同社が提供する「GoGreen Plus」は、荷主が国際的に認められた気候保護プロジェクトに投資し、輸送中に発生する排出量を相殺することで、カーボンニュートラルな輸送を可能にするサービスだ。本サービスは、炭素の「インセット」による排出量削減を提供し、荷主が従来の化石燃料の持続可能な燃料へ置き換えを可能にすることを目的としている。今年初め、DHL Global Forwardingは、本サービスを航空貨物にも拡大する。

「GoGreen Plus」は、昨年発表した2030年に向けたグループのサステナビリティロードマップの一部であり、燃料需要の少なくとも30%を持続可能な燃料で賄うというサブターゲットに貢献する。また、ロードマップの一環として、CO2排出量削減のために今後10年間で70億ユーロ(約9,600億円)のOPEXおよびCAPEXへの投資を計画している。

DHL Global Forwardingの海上貨物部門グローバル責任者であるドミニク・フォン・オレリは、同社がGOGreenを通じてすべてのLCL貨物の脱炭素化を追加費用なしでお客様に継続することを決定したと述べている。

DHLは、サステナブルマリンフューエル(SMF)の使用により、小口混載貨物輸送のポート・トゥ・ポートにおける車両運行による直接排出量(Tank to Wheel)を36,300トン以上削減したと発表している。また、集配に関わる燃料供給による排出(”Well-to-Wheel”)を含む直接・間接排出のうち、52,800トンをこの1年間でオフセットにより相殺した。

【参照ページ】
(原文)DHL GLOBAL FORWARDING DECARBONIZES 100% OF ITS GLOBAL LCL OCEAN FREIGHT SHIPMENTS
(日本語訳)DHLグローバルフォワーディング、グローバルLCL海上輸送の100%を脱炭素化

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る