キャタピラー社とニューモント社、炭素排出ゼロのマイニングシステム実現に向け提携

キャタピラー社とニューモント社、炭素排出ゼロのマイニングシステム実現に向け提携

金鉱山大手のニューモント社と大手建設・鉱山機械メーカーのCaterpillar社は、完全に接続された自動化された炭素排出ゼロのEnd-to-End(エンド・ツー・エンド)の採掘システムを実現するための戦略的提携を発表した。

この提携に基づき、両社はニューモント社のグローバルな事業において、安全性、自動化、脱炭素化、最適化、データ、資産管理に焦点を当て、地表および地下の両方の採掘を変革するための機器、インフラ、技術、プロセスを検証する予定。

同契約の一環として、ニューモント社は1億ドルの初期投資を行い、同社のクリップルクリーク、ビクター鉱山(コロラド州)、タナミ鉱山(オーストラリア)の鉱山インフラおよび運搬車両の自動化・電化の初期目標を設定する。この目標には、CC&Vで2023年までに予定されている最大16台の自動化された運搬車群の導入や、Tanamiで2026年までに導入されるキャタピラー社初のバッテリー式ゼロエミッション地下トラックの開発が含まれている。

また、ニューモント社は、生産と資産管理を一元化するために、同社の地表および地下の資産にグローバルに展開しているMineStar内の進化した機能をキャタピラー社が検証することをサポートしていく。MineStarは、オペレーションとメンテナンス組織の改善をユーザーに提供する一連のテクノロジー製品。

【参照ページ】Strategic Alliance to Achieve Zero Emissions Mining

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る