ServiceNow、役員報酬をESG目標に連動

4月25日、デジタルワークフロー企業のServiceNowは、経営幹部に対する報酬を、ESG目標に対する業績に連動すると発表した。

同社は提出書類の中で、2021年の役員向け現金インセンティブプログラムに「環境および多様性、公平性、包括性(DEI)関連の目標」が含まれていることを明らかにした。キャッシュインセンティブの75%は一連の財務指標に基づいており、残りの25%はESGを含む個人の業績指標に基づいている。

ServiceNowの取り組みは、UBS、キャタピラー、アップル、トランなど、幅広い業界の企業が報酬をESGの進捗に関連付ける傾向が強まっていることが影響している。先週、マスターカードも、ボーナス支給額をESG目標に連動させる報酬モデルを、同社の全世界の従業員に拡大すると発表している。

【参照ページ】
(原文)ServiceNow Releases 2022 Global Impact Report, Ties Executive Compensation to Environmental and Diversity Goals
(日本語訳)ServiceNow、2022年のグローバルインパクトレポートをリリースし、役員報酬を環境と多様性の目標に結び付ける

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る