ServiceNow、役員報酬をESG目標に連動

4月25日、デジタルワークフロー企業のServiceNowは、経営幹部に対する報酬を、ESG目標に対する業績に連動すると発表した。

同社は提出書類の中で、2021年の役員向け現金インセンティブプログラムに「環境および多様性、公平性、包括性(DEI)関連の目標」が含まれていることを明らかにした。キャッシュインセンティブの75%は一連の財務指標に基づいており、残りの25%はESGを含む個人の業績指標に基づいている。

ServiceNowの取り組みは、UBS、キャタピラー、アップル、トランなど、幅広い業界の企業が報酬をESGの進捗に関連付ける傾向が強まっていることが影響している。先週、マスターカードも、ボーナス支給額をESG目標に連動させる報酬モデルを、同社の全世界の従業員に拡大すると発表している。

【参照ページ】
(原文)ServiceNow Releases 2022 Global Impact Report, Ties Executive Compensation to Environmental and Diversity Goals
(日本語訳)ServiceNow、2022年のグローバルインパクトレポートをリリースし、役員報酬を環境と多様性の目標に結び付ける

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る