Maersk、グリーンメタノール生産の規模拡大のため、世界各地で戦略的パートナーシップを締結

3月10日、海運大手デンマークのA.P. Moller – Maerskは、グリーンメタノールの世界的な生産規模を拡大するため、大手企業6社と戦略的パートナーシップを締結すると発表した。2025年末までに少なくとも年間73万トンの調達を目指す。

今回締結する6社とは、中国ガス機器製造のCIMC ENRIC、デンマーク電力のEuropean Energy、中国のGreen Technology Bank、デンマーク電力大手のOrsted、スイスメタノール製造大手のProman、米国の廃棄由来燃料製造スタートアップWasteFuelである。

同社は既に最初のグリーンコンテナ船12隻を発注しており、今回の調達成功はグリーンコンテナ船12隻をはるかに超えるグリーンメタノールを確保できるとしている。

CIMC ENRICは、20年以上にわたってMaerskのパートナーである大規模な産業コングロマリットであり、今回の締結により中国でバイオメタノール事業を展開する。第1段階のプロジェクトでは2024年から年間5万トンのグリーンメタノールの生産が、第2期プロジェクトでは年産20万トンの生産が予定されている。バイオメタノールの原料は農業残渣を予定しており、Maerskは生産された全量を引き取る予定だ。

European Energyは、Maersk初のグリーンフィーダー船向けにeメタノールを製造する予定であり、2023年までに就航する予定だ。また、2025年から2026年にかけて、年間20~30万トンのeメタノールを生産する能力を持つeメタノール・プロジェクトを中南米と米国で開発する方針である。Maerskは、生産された全量を長期契約で引き取り、顧客の野心的な排出目標の実現に貢献する。

Green Technology Bankは、特定されたプロジェクト開発者とともに、中国におけるバイオメタノールプロジェクトの開発を促進する。第1号プロジェクトは2024年から年産5万トン、第2号プロジェクトは開始時期未定で年産30万トンの生産能力を計画している。

Orstedは、Power-to-Xの分野でグローバルリーダーとなることを目指しており、いくつかの難易度の高い分野にわたる11のプロジェクトの開発パイプラインを有する。Maerskの脱炭素化に向けて、Orstedは米国で2025年から年間30万トンの生産能力を持つeメタノール・プロジェクトを開発する予定である。また、Maerskは生産された全量を引き取る予定だ。

Promanは、北米にある開発中の設備から、年間10万~15万トンのグリーンメタノールをMaerskに供給することを目指す。このプロジェクトは、2025年の操業開始を目標にPromanが建設し、リサイクル不可能な林業残渣や都市ごみからバイオメタノールを製造するものである。

WasteFuelは、2024年から年間3万トン以上を生産するバイオメタノールプロジェクトを南米で開発中。Maerskは生産された全量を引き取る意向だ。

【参照ページ】
(原文)A.P. Moller – Maersk engages in strategic partnerships across the globe to scale green methanol production by 2025
(日本語訳)A.P. Moller – Maersk、2025年までにグリーンメタノール生産を拡大するため、世界各地で戦略的パートナーシップを締結

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る