ICMM、鉱業界の社会的パフォーマンスへの取り組み改善に向け、新たなツールを発表

 

3月1日、国際金属・鉱業評議会(ICMM)は、鉱山会社における社会的パフォーマンス管理のアプローチを強化し、より調和のとれた企業とコミュニティの関係を支援する実用的なツールを発表した。

今回発表した社会的パフォーマンスとは、採掘事業の近くに住むステークホルダーや地域社会に直接的、間接的に影響を与える企業の関与・活動・コミットメントのこと。優れた社会的パフォーマンスを実現するために、企業は社会的・経済的発展に貢献しながら、人と地球への害を回避する強固な管理アプローチとシステムを構築する必要がある。

本ツールは、地域社会や幅広い社会と良好な関係を構築・維持するために、企業が管理アプローチやシステムを強化可能な設計となっており、社会的パフォーマンスの測定や管理、向上が可能な6つの要素・ガイダンスから構成されている。

また本ツールは、ICMMの社会的パフォーマンスに関する複数の既存ガイダンスにも基づいている。これは企業がコミュニティの回復力によりよく貢献するための効果的な提携を助けるICMMの「Partnering for our Common Future」ツール、企業が地域コミュニティの苦情を処理・解決する方法を定めた苦情処理メカニズムガイダンス、企業が鉱山寿命を通じてコミュニティ開発を支援する方法の実践ガイダンスを提供するコミュニティ開発ツールキット等を含む。

【参照ページ】
(原文)ICMM publishes new tools to improve the mining industry’s approach to social performance
(日本語訳)ICMM、鉱業界の社会的パフォーマンスへの取り組み改善に向け、新たなツールを発表

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る