スターバックス、100%リユースカップの店舗をシアトルに試験的に開設

 

3月4日、スターバックスは、シアトルオフィス内にあるSODO 8 Starbucks caféで、すべての飲み物を再利用可能なカップのみで提供するプログラムの開始を発表した。

スターバックスは昨年、シアトル地域の複数のテスト店舗で「Borrow-a-Cup」活動を開始した。本プログラムでは、再利用可能なカップで飲料を注文し、1ドルのデポジットを支払う。その後、参加店舗の返却キオスクでカップをスキャンして返却し、Starbucksアプリをスキャンして Starbucksリワードのアカウントに1ドルのクレジットを受け取ることができる。返却されたカップはその後、専門家による洗浄と消毒が行われ、48時間以内に流通に戻される。

Sスターバックスは、SODO 8のプログラムはあくまでテストであり、カップの返却の早さや、カップで飲むことを楽しんでいるかなど、顧客の習慣や意見を学ぶことができると述べている。Borrow-a-Cupは初期段階であり、現在、世界中の同社の店舗でテストが行われている。

本プログラムは、使い捨てカップの廃棄を減らすためのコミットメントの一環である。同社は2020年に、資源ポジティブを目指すことを含む一連のサステナビリティ目標を発表し、2030年までに店舗と製造から埋立地に送られる廃棄物を50%削減する目標を掲げている。

【参照ページ】
(原文)Starbucks Launches Innovative 100% Reusable Cup Program Inside Seattle HQ
(日本語訳)Starbucks、100%リユースカップの店舗を試験的に開設

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る