スターバックス、100%リユースカップの店舗をシアトルに試験的に開設

 

3月4日、スターバックスは、シアトルオフィス内にあるSODO 8 Starbucks caféで、すべての飲み物を再利用可能なカップのみで提供するプログラムの開始を発表した。

スターバックスは昨年、シアトル地域の複数のテスト店舗で「Borrow-a-Cup」活動を開始した。本プログラムでは、再利用可能なカップで飲料を注文し、1ドルのデポジットを支払う。その後、参加店舗の返却キオスクでカップをスキャンして返却し、Starbucksアプリをスキャンして Starbucksリワードのアカウントに1ドルのクレジットを受け取ることができる。返却されたカップはその後、専門家による洗浄と消毒が行われ、48時間以内に流通に戻される。

Sスターバックスは、SODO 8のプログラムはあくまでテストであり、カップの返却の早さや、カップで飲むことを楽しんでいるかなど、顧客の習慣や意見を学ぶことができると述べている。Borrow-a-Cupは初期段階であり、現在、世界中の同社の店舗でテストが行われている。

本プログラムは、使い捨てカップの廃棄を減らすためのコミットメントの一環である。同社は2020年に、資源ポジティブを目指すことを含む一連のサステナビリティ目標を発表し、2030年までに店舗と製造から埋立地に送られる廃棄物を50%削減する目標を掲げている。

【参照ページ】
(原文)Starbucks Launches Innovative 100% Reusable Cup Program Inside Seattle HQ
(日本語訳)Starbucks、100%リユースカップの店舗を試験的に開設

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る