スターバックス、100%リユースカップの店舗をシアトルに試験的に開設

 

3月4日、スターバックスは、シアトルオフィス内にあるSODO 8 Starbucks caféで、すべての飲み物を再利用可能なカップのみで提供するプログラムの開始を発表した。

スターバックスは昨年、シアトル地域の複数のテスト店舗で「Borrow-a-Cup」活動を開始した。本プログラムでは、再利用可能なカップで飲料を注文し、1ドルのデポジットを支払う。その後、参加店舗の返却キオスクでカップをスキャンして返却し、Starbucksアプリをスキャンして Starbucksリワードのアカウントに1ドルのクレジットを受け取ることができる。返却されたカップはその後、専門家による洗浄と消毒が行われ、48時間以内に流通に戻される。

Sスターバックスは、SODO 8のプログラムはあくまでテストであり、カップの返却の早さや、カップで飲むことを楽しんでいるかなど、顧客の習慣や意見を学ぶことができると述べている。Borrow-a-Cupは初期段階であり、現在、世界中の同社の店舗でテストが行われている。

本プログラムは、使い捨てカップの廃棄を減らすためのコミットメントの一環である。同社は2020年に、資源ポジティブを目指すことを含む一連のサステナビリティ目標を発表し、2030年までに店舗と製造から埋立地に送られる廃棄物を50%削減する目標を掲げている。

【参照ページ】
(原文)Starbucks Launches Innovative 100% Reusable Cup Program Inside Seattle HQ
(日本語訳)Starbucks、100%リユースカップの店舗を試験的に開設

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る