米オルタナティブ投資マネージャーAres、ソフトバンクの気候変動インフラプラットフォームへ690億円の投資を実行

 

3月7日、クレジット・プライベートエクイティ・不動産市場で活動するアメリカのグローバルオルタナティブ投資マネージャーAres Management Corporationのインフラストラクチャー・ファンドは、 SB Energyに対する最大6億ドル(約692億円)の戦略的株式投資の実行と発表した。

Aresが運用するファンドが資金調達の大部分をコミットし、残りは共同投資家から調達する。本投資により、テクノロジーと気候インフラの主要投資家2社が協力し、イノベーションとクリーンエネルギーの大規模な展開を推進する。

SBエナジーは、2025年末までに稼働中または建設中の10ギガワット(GW)の再生可能エネルギーおよびストレージプロジェクトの提供を目指すと表明している。

Aresは2015年以降、気候インフラに20億ドル(約2,308億円)以上を投資している。12月には、設立当初のAres Climate Infrastructure Partners Fund(ACIP)の最終クローズによる14億ドル(約1,615億円)と、関連取引ビークルによる8億ドル(約923億円)を含む22億ドル(約2,538億円)の気候インフラ専用資本の調達を発表した。

【参照ページ】
(参考記事)SB Energy, SoftBank Group’s U.S. Renewables Platform, Announces Strategic Equity Investment From Ares Management

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    2022-10-3

    オンラインファッション通販のSHEIN、バリューチェーンにおける新たな気候変動への取り組みを発表

    9月28日、グローバルファッション通販企業であるSHEINは、2030年までにバリューチェーンの排…
  2. 格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    2022-10-3

    格安航空会社easyJet、ゼロエミッション飛行技術を気候変動対策の中心に据える

    9月、格安航空会社easyJetは、気候変動への影響に対処し、2050年までに排出量ゼロのフライト…
  3. 2022-10-3

    バイデン大統領、米国への投資による国家安全保障リスクを考慮した大統領令に署名

    9月15日、バイデン大統領は、対米外国投資委員会での国家安全保障上のリスクに関する確実な審査のため…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る