米オルタナティブ投資マネージャーAres、ソフトバンクの気候変動インフラプラットフォームへ690億円の投資を実行

 

3月7日、クレジット・プライベートエクイティ・不動産市場で活動するアメリカのグローバルオルタナティブ投資マネージャーAres Management Corporationのインフラストラクチャー・ファンドは、 SB Energyに対する最大6億ドル(約692億円)の戦略的株式投資の実行と発表した。

Aresが運用するファンドが資金調達の大部分をコミットし、残りは共同投資家から調達する。本投資により、テクノロジーと気候インフラの主要投資家2社が協力し、イノベーションとクリーンエネルギーの大規模な展開を推進する。

SBエナジーは、2025年末までに稼働中または建設中の10ギガワット(GW)の再生可能エネルギーおよびストレージプロジェクトの提供を目指すと表明している。

Aresは2015年以降、気候インフラに20億ドル(約2,308億円)以上を投資している。12月には、設立当初のAres Climate Infrastructure Partners Fund(ACIP)の最終クローズによる14億ドル(約1,615億円)と、関連取引ビークルによる8億ドル(約923億円)を含む22億ドル(約2,538億円)の気候インフラ専用資本の調達を発表した。

【参照ページ】
(参考記事)SB Energy, SoftBank Group’s U.S. Renewables Platform, Announces Strategic Equity Investment From Ares Management

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る