レゴ、ノボノルディスク、プラスチック製品に低炭素素材を採用

4月20日、レゴグループとヘルスケア企業のノボ ノルディスクは、エネルギーに特化した気候ソリューション・プロバイダーであるEuropean Energy A/Sとの契約により、一部の製品に含まれる化石由来のプラスチックを、再生可能エネルギーとバイオジェニックCO2の回収により生産されるプラスチックで代替する計画を発表した。

2004年に設立されたデンマークに本社を置くEuropean Energyは、太陽光発電、陸上および洋上風力発電プロジェクトなどのグリーンエネルギー・ソリューションの開発・運営を行っている。現在、デンマークのアーベンラーにeメタノールやグリーン水素などの低炭素燃料を製造するPower-to-X(PtX)施設を開発している。

本契約により、European Energyは、再生可能な電力、水、生物起源CO2を回収して製造される新プラントから、化石燃料に代わるプラスチック製造用のeメタノールをレゴグループとノボノルディスクに納入することになる。納入開始は2024年を予定している。

ノボ ノルディスクは、本合意で得られたeメタノールを使って、インスリンペンなどの医療機器のCO2排出量を削減すると述べている。同社は、2045年までにバリューチェーン全体でネットゼロ・エミッションを達成することを約束しており、環境影響戦略「Circular for Zero」では、再生可能エネルギーの調達、環境に優しい製品の設計、低影響ソリューションに関するサプライヤーとの協力などの分野に重点を置いている。

レゴグループの気候に焦点を当てたサステナビリティ戦略には、製品やパッケージのカーボンフットプリントを削減するために持続可能な材料研究に投資する取り組みが含まれており、同社は再生プラスチックを使用したブロックの開発などのプログラムを推進している。同社は、本契約から得られるeメタノールを、同社のポートフォリオから選択した要素に使用することを検討し、今後数年間でプロトタイプの開発を予定している。

【参照ページ】
(原文)European Energy enters agreement with Novo Nordisk and the LEGO Group to deliver e-methanol as a lower-carbon alternative to conventional plastic production
(日本語訳)レゴ、ノボノルディスク、プラスチック製品に低炭素素材を採用

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る