EUのサステナブル・ファイナンス専門家グループ、社会的投資を定義するタクソノミーを提案

持続可能な金融に関するプラットフォーム、社会タクソノミーの可能性に関する最終報告書を発表

2月28日、サステナブル・ファイナンス政策に関する助言を行う欧州委員会の専門家グループ「The Platform on Sustainable Finance」は、社会的投資の定義を目的とした社会タクソノミーに関する新たな報告書を公表した。報告書の中では、持続可能性の社会的側面とタクソノミーとは何か、そして、社会的タクソノミーと環境的タクソノミー間の関連性に関する共通認識の必要性を強調した。

本報告書は企業の持続可能性報告(CSRD)案、持続可能な金融開示規則(SFDR)、持続可能なコーポレートガバナンス(SCG)イニシアチブなどの既存の枠組みを考慮して社会タクソノミー構造を提案するが、主に環境タクソノミーの構造に焦点を合わせている。

社会タクソノミー提案書では、事業活動によって影響を受ける主要なステークホルダーとして、企業の労働者、エンドユーザーや消費者、直接またはバリューチェーンを通じて影響を受ける地域社会を挙げている。これらのステークホルダーを対象に、タクソノミーの提案構造は、ディーセントワーク、エンドユーザーの適切な生活水準と福利厚生、包括的で持続可能なコミュニティと社会という主要目標に焦点を当て、健康と安全、医療、住宅、賃金、無差別、消費者の健康、コミュニティの生活などの副目標を掲げている。

【参照ページ】
(原文)Platform on Sustainable Finance’s report on social taxonomy
(日本語訳)Platform on SustainableFinanceの社会タクソノミーに関するレポート

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る