Climateworks Foundation、新たなカーボン・アカウンティング・イニシアチブを発足。マイクロソフトなど参加

Climateworks Foundation、新たなカーボン・アカウンティング・イニシアチブを発足。マイクロソフトなど参加

2月11日、気候変動対策に特化したプラットフォームであるClimateworks Foundationは、信頼性が高く相互運用可能な世界的なカーボンアカウンティングシステムへの対応を目的とした新イニシアチブ「Carbon Call」を立ち上げた。このイニシアチブは、マイクロソフト、国連環境計画、Linux Foundation、United Nations Foundationなど、20以上の企業・団体*が参加している。

マイクロソフトの最高環境責任者であるルーカス・ジョッパによると、カーボンコールは、ネットゼロ達成への道のりを促進するために必要な重要分野の一つに取り組む。ジョッパは「温室効果ガス(GHG)の排出量を確実に測定し計上することは、気候に関する説明責任と帰属に不可欠です。」と述べている。

Carbon Callは、炭素除去と土地部門、メタン、間接排出に焦点を当て、世界の既存の炭素会計システムのギャップの特定、修正を目的としている。 このイニシアチブでは、企業による透明かつ包括的な排出量報告を拡大し、比較・組み合わせ・共有可能な炭素会計を可能にするために、共同で投資とリソースを動員する。

両団体は、すでに数社の企業が署名しており、GHG排出量のすべての範囲とオフセット情報の報告を約束している。今回の署名企業には、カプリコーン・インベストメント・グループ、EY、GSK、KPMG、マイクロソフト、ウィプロが含まれている。

*参加している組織
Capricorn Investment Group、Climate Change AI、Corporate Leaders Group Europe、Global Carbon Project、Global Council for Science and the Environment、International Science Council、LF Energy、Linux Foundation、Microsoft、Mila、Skoll Foundation、Stanford Woods Institute for the Environment、United Nations Environment Programme(協力団体)、United Nations Foundation

【参照ページ】
(参考記事)Microsoft and ClimateWorks Foundation launch The Carbon Call
(日本語訳)マイクロソフトと主要企業、新たなカーボン・エミッション・アカウンティング・イニシアチブを発足

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る