電力大手オーステッド、スコットランドでの洋上風力発電開発を受注

close up photo of white windmill

2022年1月17日、デンマークの電力大手オーステッドは、スコットランドの王室資産管理会社クラウン・エステート・スコットランド(CES)が有するスコットランド北東部沖の新しい浮体式洋上風力発電所のパートナーとして、オーステッド、Falck Renewables、BlueFloat Energyコンソーシアムが選定されたと発表した。

今回の選定は、CESの洋上風力発電リース事業「ScotWind」を通じて行われ、最大1GW規模の洋上風力発電所を建設するものだ。本プロジェクトは、ウィック市から東に約50kmのケイスネス州沖に位置し、オーステッドにとって世界初の大規模浮体式洋上風力発電事業であると同時に、オーステッドのスコットランドにおける陸上風力から洋上風力への展開の足がかりとなるプロジェクトだ。

コンソーシアムは、コミュニティ・オーナーシップの専門家であるEnergy4Allと共同で、コンソーシアムが将来建設する浮体式風力発電所の経済的利益をスコットランド住民とスコットランドのコミュニティが共有できるようにする新しいフレームワークについて検討している。

また、スコットランド海洋科学協会(SAMS)と共同で、浮体式風力発電の開発が海洋環境に及ぼす潜在的な影響について調査を行う予定だ。現在検討中のプロジェクトでは、漁業と洋上風力発電がどのように連携できるかを検討し、魚類、海洋哺乳類、海鳥と浮体式洋上風力発電所の相互作用を調査する予定となっている。

【参照ページ】
(原文)Ørsted and partners awarded gigawatt-scale floating wind site in Scottish seabed competition
(日本語訳)オルステッドとパートナー、スコットランドの海底コンペでギガワット規模の浮体式風力発電用地を獲得

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る