ネスレ、児童労働リスクへの対応とカカオのトレーサビリティ実現に向けた計画を発表

ネスレ、児童労働リスクへの対応とカカオのトレーサビリティ実現に向けた計画を発表

1月27日、ネスレはサプライチェーンにおける児童労働のリスクに対処するため、カカオ農園の家族に金銭的なインセンティブを提供するプログラムなど、カカオ供給のサステナビリティを高めることを目的とした一連の取り組みを発表した。ネスレは、2030年までに14億ドル(約1,600億円)を投資し、カカオのサステナビリティへの取り組みを拡大する予定だ。

ネスレは「キットカット」や「ネスキック」などの代表的なチョコレートブランドを擁する世界最大級のカカオ消費企業であり、年間約43万トンのカカオを調達しているが、その多くは、過去数十年にわたって児童労働を行ってきたことで有名なガーナやコートジボワールから調達している。同社によると、家族経営のカカオ農園で児童労働が行われている背景には、貧困や気候変動リスクの増大、水・保健・教育・金融サービスへのアクセス不足など、さまざまな要因がある。

ネスレが児童労働のリスクに対処するために開始した重要な取り組みの一つは、農家とその家族がより持続可能なカカオ栽培に移行することを支援することを目的としたインカムアクセラレータープログラムである。2020年に1,000家族を対象に試験的に実施された本プログラムは、時間をかけて社会的・経済的なレジリエンスを着実に構築することを目的とした活動や農法に対して、家族に金銭的なインセンティブを直接与える。

今回のプログラムでは、子どもの就学、作物の生産性を高める適正農業規範の実施、日陰の木の植林など気候変動への耐性を高めるためのアグロフォレストリー活動の実施や他の作物の栽培や家畜の飼育など多様な収入の創出などに対して、年間最大500スイスフラン(約62,000円)を受け取ることができる。本プログラムは2022年には1万世帯に拡大し、2030年までに全世界のカカオサプライチェーンにおいて、16万世帯と推定されるカカオ農家に支援を届けることを目指している。

ネスレは、カカオ製品の生産地から工場までの完全なトレーサビリティーと分別を実現するために、グローバルなカカオ調達の変革を目指していると述べている。2023年の一部のキットカット製品を皮切りに、新しいプログラムで調達したココアを使用した製品を投入する予定だ。

【参照ページ】
(原文)Nestlé announces innovative plan to tackle child labor risks, increase farmer income and achieve full traceability in cocoa
(日本語訳)ネスレ、児童労働リスクへの対応とカカオのトレーサビリティ実現に向けた計画を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る