Rio Tinto、オーストラリアでバッテリー式列車4両を購入港や鉱山で専用充電

1月11日、資源開発の世界的大手である英豪Rio Tintoは、2030年までに二酸化炭素排出量を50%削減するという同社の戦略の一環として、西オーストラリア州のピルバラ地域で使用するバッテリー式列車4両を購入することに合意した。米Wabtecから7MWhのFLXdriveバッテリー電気機関車4両を購入し、2023年に米国で生産を開始し、2024年初めにピルバラで最初の試験を行う予定だ。

この機関車は、同社の鉱山から港まで鉱石を運ぶのに使用され、港や鉱山に設置された専用の充電ステーションで充電される。また、走行中のエネルギーを回生して車載バッテリーの充電に利用する回生ブレーキシステムにより、走行中に追加でエネルギーを生成することも可能だ。

同社が保有する鉄道機関車の全車両をネット・ゼロ・エミッション技術に移行することにより、ピルバラ地区におけるディーゼル関連の炭素排出量を年間約30%削減することができる。納入後、機関車はピルバラの管理された環境で試運転され、さまざまな安全・機能的基準に対してテストされる予定だ。

【参照ページ】
(原文)Rio Tinto purchases first battery-electric trains for the Pilbara
(日本語訳)Rio Tinto、ピルバラで初のバッテリー式鉄道を購入

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る