スコットランド、洋上風力発電事業の開発に関する海域リース権益を対象とした入札を実施

スコットランド、洋上風力発電事業の開発に関する海域リース権益を対象とした入札を実施

1月17日、スコットランドは、ScotWindによる約25GWの洋上風力発電開発の受注内容を発表した。落札したのは、IberdrolaのScottishPower、bp、Shell、SSE(丸紅)、Falck、Ocean Winds、Vattenfall、MacquarieのGIG、TotalEnergies、RIDG合弁のOffshore Wind Powerなどである。

ScotWindの入札プロセスは、スコットランドの海底の権利を含む、君主の権利で所有する土地や財産を管理するCrown Estate Scotlandによって運営された。 Crown Estate Scotland によると、ScotWindは再生可能エネルギーによる発電量を大幅に増やすことを目的としており、2045年までにネット・ゼロを目指すスコットランドの計画にとって大きな一歩となるものである。

全体では、74件の応募のうち、容量14GW以上の浮体式10件、7.8GWの固定式5件、混合1件の計17件が選ばれた。最大の受賞案件は、ScottishPower社による3,000MWの浮体式風力発電プロジェクトと、bp社による2,907MWの固定式プロジェクトである。

応募を通過した17社は、BP Alternative Energy Investments、SSE Renewables、Falck Renewables、 Shell New Energies、Vattenfall、DEME、Falck Renewables、Ocean Winds、Falck Renewables、Scottish Power Renewables、BayWa、Offshore Wind Power、Northland Power、Magnora、Northland Power、Scottish Power Renewables。日本からは丸紅がSSE Renewables連合に参画している。

【参照ページ】
(原文)ScotWind offshore wind leasing delivers major boost to Scotland’s net zero aspirations
(日本語訳) ScotWind 洋上風力発電リースにより、スコットランドのネット・ゼロ目標に大きな後押し

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る