ダイドードリンコ、CO2削減目標を策定。2050年までに自販機ビジネスのCNを目指す

1月14日、ダイドードリンコは脱炭素社会への貢献に向けた「CO2排出削減目標」を策定したことを発表した。2030年までに自社排出(Scope1・2)におけるカーボンニュートラルの実現を、2050年までに自販機ビジネスにおけるカーボンニュートラルを目指す。

2030年目標の対象は、ダイドードリンコ、ダイドービバレッジサービス、ダイドービジネスサービスの自社排出量。これに加え2050年目標ではダイドービバレッジサービスによるオペレーション自販機のCO2排出量(Scope3)が対象となる。

同社は、2022年1月21日からスタートする「中期経営計画2026」において、CO2排出削減目標の達成に向けた主な取り組みとして、「スマート・オペレーションの推進による車両の削減」「省エネ車両の導入」「自販機設置オーナーとのパートナーシップによるCO2排出削減の取組み」「省エネ自販機の拡大」「従業員の意識向上と自主的活動の推進」を展開する。

業務プロセスの変革やパートナーシップの推進・従業員の参画によりCO2削減に向けた取り組みを強化することで、企業の持続的成長と持続的社会の実現するサスティナビリティ経営を加速させていくとしている。

【参照ページ】
脱炭素社会への貢献に向けた「CO2排出削減目標」を策定

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る