BlackRock ラリーフィンクCEO、2022年CEO向け年次レターを発行

1月18日、BlackRock会長兼CEOのラリー・フィンクは、CEO向けの年次レターを発表し、長期的なリターン、価値創造、投資の成功にはステークホルダー資本主義、企業価値と目的が中心であることに焦点を当てた。この書簡では、ネット・ゼロへの移行がもたらす破壊的な影響と機会、株主にとってのスチュワードシップと投資家エンゲージメントの重要性が増していることなどに焦点が当てられている。

この書簡で議論された重要なテーマの一つは、企業の長期的な成功を決定する上で、目的、価値観、ステークホルダーへの配慮が大きな役割を果たすということだ。

フィンク氏は、2020年と2021年の書簡で、BlackRockが投資プロセスにおいてサステナビリティと気候変動対策を重視するようになっていることやネット・ゼロへの移行が企業のビジネスモデルに及ぼす広範な影響、これらの問題への取り組みの進捗を追跡するための一貫した高品質のデータおよび情報開示の必要性について強調していた。

また今年の書簡では、これらの考えをさらに発展させ、気候に関する投資家、そしてより広範なステークホルダーの期待の進化を概説し、資本配分の決定と長期的企業価値が企業のグローバルなエネルギー移行を進める能力によってますます影響を受けるようになっていると述べている。

BlackRockは、気候変動問題に対する投資界の主要な声として台頭する一方で、排出量の多いセクターへの大規模な投資を継続していることに対する批判にさらされている。フィンク氏はこの書簡で、持続可能な投資に対する同社のアプローチについて言及し、セクターからのダイベストメントは気候変動に関する目標を達成するための有効な手段ではないことを主張している。この書簡では、炭素集約型セクターの中でも、事業を変革し脱炭素化を主導することができる企業に注目することで、投資機会を得られると概説。またフィンク氏は、「公平かつ公正な」グリーン変革の実現と、安価なエネルギーの供給を保証するために、移行期においても伝統的なエネルギー源が引き続き役割を果たすと指摘している。

【参照ページ】
(原文)BlackRock CEO Larry Fink says stakeholder capitalism is not ‘woke’
(日本語訳)BlackRock ラリーフィンクCEO、2022年CEO向け年次レターを発行

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る