金融庁、「トランジション・ファイナンスにかかるフォローアップガイダンス」案を発表

金融庁、「トランジション・ファイナンスにかかるフォローアップガイダンス」案を発表

4月28日、金融庁は「トランジション・ファイナンスにかかるフォローアップガイダンス」案を発表した。

2015年の「パリ協定」採択以降、IPCCの1.5℃特別報告書やCOP26におけるグラスゴー気候合意を契機に、カーボンニュートラル(CN)目標を表明する国や地域が増加し、世界的に脱炭素の機運が高まっている。日本においても、2030年度の温室効果ガス46%削減、2050年カーボンニュートラルの実現という国際公約を掲げている。

世界でCNを実現するためには、すでにクリーンな技術として確立されている取組のみならず、イノベーションが必要となる。このため、トランジション・ファイナンスは、現時点では、技術的な側面等から脱炭素化が確立途上である等、排出削減困難(hard-to-abate)なセクター(現段階において、脱炭素化が困難な産業部門・エネルギー転換部門)の事業者が、長期的なトランジション戦略に沿った脱炭素化を実現させるためのファイナンス手法として重要な役割を担っている。

金融機関がトランジション・ファイナンス等を通じて実経済の脱炭素化に資する取組を促進するためには、資金調達者による信頼性が高いトランジション戦略の構築・開示とともに、資金供給者が資金調達者との対話を通じてその着実な実行を支援・促進することが鍵となる。

以上を踏まえ金融庁は、トランジション・ファイナンス環境整備検討会において、トランジション・ファイナンスの信頼性と実効性を向上することを目的として、特に、資金供給後のトランジション戦略の着実な実行と企業価値向上への貢献を担保するため、金融機関や投資家向けに、「トランジション・ファイナンスにかかるフォローアップガイダンス~資金調達者とのより良い対話に向けて~(案)」を策定した。

金融庁は5月26日までパブリックコメントを募集する。

【参照ページ】
トランジション・ファイナンスにかかるフォローアップガイダンス~資金調達者とのより良い対話に向けて~(案)について

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る