サントリーHD、グリーン水素調達等でグリーンボンド最大200億円発行

10月23日、サントリーホールディングスは、11月にグリーンボンドを最大200億円発行する発行する予定であると発表した。調達資金は、山梨県とともに取り組んでいる「グリーン水素」調達など、気候変動対策に向けた取り組みに充当する。年限は5年、主幹事は、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、BofA証券の4社が務める。

同社は、気候変動対策について、2050年までにバリューチェーン全体でGHG排出を実質ゼロ、2030年までにGHG排出を50%削減を掲げている。日本・米州・欧州全ての自社生産研究拠点で購入する電力の100%再生可能エネルギー化や省エネルギー化の推進などの取り組みも進める。

本発行にあたり、同社は「サステナブルファイナンス・フレームワーク」を策定。本フレームワークでは、国際資本市場協会(ICMA)による「グリーンボンド原則2021」「サステナビリティ・リンク・ボンド原則2023」に定められている4つの要素である「調達資金の使途」「プロジェクトの評価と選定のプロセス」「調達資金の管理」「レポーティング」に関する方針を記載している。また、ムーディーズより、ICMAが定める「グリーンボンド原則2021」や「サステナビリティ・リンク・ボンド原則2023」などとの適合性に対する外部評価(セカンド・パーティ・オピニオン)を取得している。

【参照ページ】
グリーンボンド発行のお知らせ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る