GEA、AI異常予測機能を通じ醸造プロセスのサステナビリティを支援

10月17日、独食品関連設備大手GEAグループは、醸造プロセスのサステナビリティを高めるため、醸造所向けのリアルタイム監視ソリューション「GEA InsightPartner Brewery」に予測AI要素を統合したと発表した。本ソリューションは、生産パフォーマンスをリアルタイムで監視し、異常を予測して改善を提案する。今回、従来の醸造所データに加え、プロセスサイクルにおけるエネルギー消費と熱回収に基づくサステナビリティのパフォーマンス指標を分析できるようにした。

醸造プロセスの効率は、生産性、品質、サステナビリティの3要素のバランスを取ることによって決定される。多くの場合、個々の装置に取り付けられたセンサーを設置しデータを取得しているが、温度、圧力、流量の全体像はおろか、システム全体の性能を予測することもできなかった。本リリースにより、醸造所は、トレンド曲線と予測モデルを組み合わせ、パフォーマンス指標を事前に予測分析できるようになる。麦汁が沸騰する際にエネルギー回収を微調整したり、エネルギー貯蔵システムの不均衡を修正したりする。

オペレーターへの注意喚起等パフォーマンス上の問題に対しては、改善の可能性を示す予測フォーカスカードをその場で提供する。また、自律的に異常を検出し、継続的にリモート表示を行う。

【参照ページ】
(原文)GEA HELPS BREWERIES TO HARNESS SUSTAINABILITY KPIS THROUGH AI
(日本語参考訳)GEA、AI異常予測機能を通じ醸造プロセスのサステナビリティを支援

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る