GEA、AI異常予測機能を通じ醸造プロセスのサステナビリティを支援

10月17日、独食品関連設備大手GEAグループは、醸造プロセスのサステナビリティを高めるため、醸造所向けのリアルタイム監視ソリューション「GEA InsightPartner Brewery」に予測AI要素を統合したと発表した。本ソリューションは、生産パフォーマンスをリアルタイムで監視し、異常を予測して改善を提案する。今回、従来の醸造所データに加え、プロセスサイクルにおけるエネルギー消費と熱回収に基づくサステナビリティのパフォーマンス指標を分析できるようにした。

醸造プロセスの効率は、生産性、品質、サステナビリティの3要素のバランスを取ることによって決定される。多くの場合、個々の装置に取り付けられたセンサーを設置しデータを取得しているが、温度、圧力、流量の全体像はおろか、システム全体の性能を予測することもできなかった。本リリースにより、醸造所は、トレンド曲線と予測モデルを組み合わせ、パフォーマンス指標を事前に予測分析できるようになる。麦汁が沸騰する際にエネルギー回収を微調整したり、エネルギー貯蔵システムの不均衡を修正したりする。

オペレーターへの注意喚起等パフォーマンス上の問題に対しては、改善の可能性を示す予測フォーカスカードをその場で提供する。また、自律的に異常を検出し、継続的にリモート表示を行う。

【参照ページ】
(原文)GEA HELPS BREWERIES TO HARNESS SUSTAINABILITY KPIS THROUGH AI
(日本語参考訳)GEA、AI異常予測機能を通じ醸造プロセスのサステナビリティを支援

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る