東京大学、「未来戦略ライフサイクルアセスメント連携研究機構」を設立

東京大学、「未来戦略ライフサイクルアセスメント連携研究機構」を設立

4月1日、東京大学は、LCA研究者を結集し、先端科学技術研究者とともに10部局を横断する「未来戦略ライフサイクルアセスメント連携研究機構」を設立すると発表した。

本機構では、2050年に向かう世界的な技術開発と制度形成の機先を制するべく、未来戦略の立案に資する「先制的LCA」の学理を創成する。既存の学問分野の枠組みを超えた全領域にまたがる研究者の連携によって、世界最先端の研究、教育、さらには未来に向けた科学技術戦略を提言する。機構内には、参画企業14社の先制的LCA社会連携研究部門も設け、産業界に有用な先制的LCA手法として開発し、その社会実装を目指す。

東京大学が2021年9月に発表した基本方針「UTokyo Compass 多様性の海へ:対話が創造する未来」に示した地球規模の課題解決に向けて、未来の持続可能な社会を戦略的に構築するための先制的LCAに発展させることに取組む「未来戦略LCA連携研究機構」を設立する。

国内外の研究者、研究機関、企業、行政等とも連携を進めるほか、14社が参画する先制的LCA社会連携研究部門も設け、成果の社会実装を目指す。未来戦略LCA連携研究機構には、先制的LCAの学理を確立、牽引、発信すべく、10部局を横断する社会や経済への影響を含むLCA関連評価研究者とエネルギーや材料などの先端科学技術研究者40名以上が参画する。

【参照ページ】
「未来戦略LCA連携研究機構」2023年4月1日発足―LCA研究者を結集、先端科学技術研究者とともに未来社会をデザイン―

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る