国交省、事業用自動車における電動車の集中的導入を支援

1月7日、国土交通省は、事業用自動車における電動車の集中的導入を支援することを発表した。政府は、8トン以下の小型の商用車について、2030年までに新車販売で電動車20~30%、2040年までに新車販売で電動車と合成燃料等の脱炭素燃料の利用に適した車両で合わせて100%を目指す。

国土交通省では、当該目標の達成に向け、普及段階にある事業用の電動車であるハイブリッド自動車、電気自動車、燃料電池自動車について、普及段階と車両価格に応じ購入補助を行うことにより、導入の集中的な支援を実施する。第一弾は、電気タクシー、燃料電池トラック、ハイブリッドバス/トラックにおける導入の補助が行われ、公募期間が1月14日から2月28日まで、2月28日までに導入することが条件となっている。

補助率は、電気バスは車両本体価格の3分の1、電気タクシー及び電気トラックは4分の1、燃料電池トラックは3分の2、ハイブリッドバス及びハイブリッドトラックは通常車両価格との差額の3分の1、電気自動車用充電設備等は導入費用の2分の1となっている。

公募期間中に、交付予定枠申込書を提出をした者から補助対象となる者の内定を行う予定だ。なお、予算の範囲内の補助となるため、本公募実施の結果、交付予定枠申込額が予算額を上回った場合、対象外となる場合があるとしている。

【参照ページ】
「事業用自動車における電動車の集中的導入支援」事業の公募を開始します!

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る